ドラマ&映画 カテゴリ

黒谷友香、大人の恋愛ドラマで新境地「一つ一つの作品を大事に」

 「17歳年下の男性と恋に落ちる大人女性の役ができる年齢に、私もなったってことですよね」

【写真】その他の写真を見る


 女優の黒谷友香(39)が主演するオリジナルドラマ『眠れぬ真珠』。17歳差の男女の恋愛を描き、第13回島清恋愛文学賞を受賞した作家・石田衣良氏の恋愛小説を、映画『ストロボ・エッジ』や『甥の一生』などを手がけた廣木隆一監督が映像化した。同作で黒谷は、今の年齢にしか咲かせることのできない花を咲かせた。

 親が遺した逗子の一軒家で愛犬と暮らす主人公の咲世子(さよこ)。銅版画家として成功を治め、仕事のパートナーでもある・卓治(井浦新)と大人の関係を続けながら、自立した生活を送っている。そんなある日、行きつけのカフェの店員で映画監督の道をあきらめた素樹(中村蒼)と出会う。17歳の年の差を理解した上で、引かれ合っていく二人。しかし、素樹の将来や才能、そして17歳年下という現実を前に、咲世子は大人の女性としての選択を迫られる。

 「現実的には起こりそうもないシチュエーションだからこそ、ドラマで疑似体験してほしい」と、熱い発言に自信がみなぎる。演じる咲世子は、社会的地位も得て、自分のスタイルを確立している女性が憧れるかっこいい女性。「そういう人であっても今ある殻を破りたい渇望や悩み、不安を抱えているというところから共感できる。『そうそう、そういうことを言いたかった』という大人の女性の本音を代弁するようなせりふも散りばめられているので、自分で言うのも何ですが、大人の女性におすすめの恋愛ドラマです」。

 純粋に引かれ、お互いを求め合うシーンにも体当たりで挑んだ。「今、自分にできること全てを使って表現していけば、作品は面白くなっていくはずだから」と少しもてらったところがない。「目の前の仕事に全力でぶつかっていけば、次につながるという意識は10代・20代の頃からずっと持っていました。今、今、今という感じで、ここまで来た感じですね。一つ一つの作品を大事にしていけたら」と演じることが楽しくて仕方ない、そんな勢いを感じさせた。

 ドラマ『眠れぬ真珠』は、NTTドコモとエイベックス通信放送が運営する映像配信サービス「dTV」の第1弾ドラマとして配信中(全4話)。これまでの「dビデオ」からリニューアルし、国内外の映画やドラマ、アニメ、BeeTVの番組など約12万本の動画をパソコン、スマートフォンはもちろん、テレビにつないで観ることもできる(別途端末が必要)。

関連写真

  • 「dTV」のオリジナルドラマ『眠れぬ真珠』で大人の恋愛を熱演した女優の黒谷友香 (C)ORICON NewS inc.
  • 「30代、40代の女性にひっそり観てほしい」と作品に自信 (C)ORICON NewS inc.
  • 「dTV」で配信中のオリジナルドラマ『眠れぬ真珠』に主演する黒谷友香(C)BeeTV
  • 「dTV」で配信中のオリジナルドラマ『眠れぬ真珠』に主演する黒谷友香(C)BeeTV

オリコントピックス

メニューを閉じる