アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 今井雅之、末期がんで「安楽死」考えた 過酷な闘病生活語る

今井雅之、末期がんで「安楽死」考えた 過酷な闘病生活語る

 大腸がんのため、出演予定だった舞台『THE WINDS OF GOD』を降板した俳優の今井雅之(54)が4月30日、東京・新国立劇場で行われた同舞台のゲネプロ前に会見を開いた。がん公表後、報道陣の前に初めて姿を見せた今井は「末期がんのステージ4」だと明かし、“かすれ声”で病状の深刻さを語った。

【写真】その他の写真を見る


 昨秋には「腸の風邪」と診断されたが、痛みが治まらずに精密検査を受け、大きな腫瘍が発覚した。「かなり痛みもあるし、ほとんど歩けなくなって、声も出なくなった」とすでに末期症状で、現在は入院中でリハビリに励んでいるという。

 今井は抗がん剤治療が「2クール目に入った」と報告し、治療のつらさについては「これは本人にしかわからないけど、船酔いしているところに40度以上のインフルエンザにかかっている感じ」と説明。

 「担当医にも言いました。もう生きているだけなら、きついモルヒネをどんどん打って『殺してくれ』って。安楽死っていうんですか? その方が楽ですから…。こんな夜中に痛みと闘うのは、飯が食えないのは。それくらいつらいです」。

 闘病生活中の心境を赤裸々に語った今井。大腸周辺の腫瘍については「影が見えていて、医者から『転移する可能性が大』とも言われた。悪性になるかは、今後の仕事とストレス次第」とポツリ。妻からは「冗談だけど、早く浮気できるくらい元気になってねと、涙ながらに言われた」と終始、舞台降板への無念さをにじませていた。

 さらに「生きていてこんなにつらいことはない。役者が舞台を降りるというのは本当に悔しい」と唇を噛み、「自分の判断で降ろさせてくれと(言った)…。本当にすいません、病には勝てなかった…」と頭を下げて謝罪。今後については「静養して、筋力をつけていきたい。治れば後半の公演をやりたい」と、約35分にわたる会見の最後まで“復帰”を諦めない姿勢をみせた。

 同舞台は、予定した15公演のうち5公演を中止。所属事務所によると、今井は5月下旬の公演に出演するため、体に負担のかからない程度の仕事とリハビリに励むとしている。今井の代役は俳優の重松隆志(41)が務める。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」

関連写真

  • 過酷な闘病生活を語った今井雅之 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台降板を涙ながらに謝罪した今井雅之 (C)ORICON NewS inc.
  • 今井雅之(C)ORICON NewS inc.
  • 今井雅之(C)ORICON NewS inc.
  • 今井雅之(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス