アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • カルピスウォーターの美少女・黒島結菜、大河ドラマで時代劇初挑戦

カルピスウォーターの美少女・黒島結菜、大河ドラマで時代劇初挑戦

 若手女優の登竜門、アサヒ飲料『カルピスウォーター』のCMで話題の黒島結菜(18)が、NHK・大河ドラマ『花燃ゆ』(毎週日曜 後8:00 総合)に高杉晋作(高良健吾)の妻・高杉雅役で出演することが16日、明らかになった。26日放送の第17回から登場する。

 黒島は、沖縄出身で二階堂ふみ(20)を発掘した『沖縄美少女図鑑賞』を受賞し、これをきっかけに2012年より芸能活動をスタート。連続テレビ小説『マッサン』ではエマの友人・秀子を演じた。大河ドラマは初出演、時代劇も初挑戦となる。

 「はじめての時代劇で、所作・言葉づかい・姿勢、今までやってきたのと違う分、いい経験になるし、言葉づかいが難しいですが、共演者の方も豪華だし、そういう人たちと共演できるのは幸せだなと思っています」と、張り切って撮影に臨んでいる。

 高杉の妻・雅は、萩城下一と評判の美女だったと伝わる。晋作の父・小忠太が、罪人となった松陰と関係していた晋作を、嫁をとらせて落ち着かせようと考えての結婚だった。晋作22歳、雅16歳。国事に奔走する晋作は、旅先から愛情あふれる手紙を度々雅に送っている。しかし、晋作は27歳で肺結核のため、志半ばで亡くなってしまう。雅は22歳という若さで死別した後も、晋作を終生愛し、生涯独身を通した(享年77)。

 黒島は「雅についていろいろ調べた時は、あまり詳しいことがわからなかったんですが、台本をいただいて、その時代の先をいっている、今までの女の人たちのイメージをいい意味で壊すキャラクターで、面白いなあと思いました。地に足がついた落ち着いた感じを意識して演じています」と話している。



オリコントピックス