• ホーム
  • 映画
  • 有村架純、撮影後も“ギャル口調”抜けず「自分に驚き」

有村架純、撮影後も“ギャル口調”抜けず「自分に驚き」

 女優の有村架純が6日、都内で映画『ビリギャル』(5月1日公開)完成披露試写会舞台あいさつに出席。同作で、膝上約20センチの超ミニスカートに金髪のギャルメイクで女子高生を演じた有村は「普段は『〜だよね?』って言いますが、撮影後にも『〜じゃない?』って言っていた自分に驚きました」と“ギャル口調”が抜けなかったことを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 舞台あいさつ中には、劇中の有村の全身パネルが登場。スカートの短さに触れて「これは…履いていません」といきなりドッキリ発言するも、「履いている感覚がないくらい。布を履いているみたいにスースーしちゃって」と慌てて訂正。焦った表情を浮かべていた男性共演者らを横に「(スカートの)中が見えそうで心配でした。見えてもいいんですけれど」と笑顔で話していた。

 ベストセラー書籍『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』を実写化。成績学年最下位の女子高生が、ある教師の励ましで慶應義塾大学合格というむちゃな目標に向かって突き進む姿を描く。そのほか、伊藤淳史吉田羊田中哲司野村周平安田顕松井愛莉土井裕泰監督が出席した。



関連写真

  • “ギャル口調”が抜けなかったことを明かした有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • 特製の幕をビリッと破きながら登場した有村架純 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ビリギャル』完成披露試写会舞台あいさつに出席した吉田羊 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ビリギャル』完成披露試写会舞台あいさつに出席した松井愛莉 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ビリギャル』完成披露試写会舞台あいさつに出席した伊藤淳史 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ビリギャル』完成披露試写会舞台あいさつに出席した安田顕 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ビリギャル』完成披露試写会舞台あいさつに出席した野村周平 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『ビリギャル』完成披露試写会舞台あいさつに出席した土井裕泰監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス