アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 今夏公開決定『劇場版 弱虫ペダル』 原作者書き下ろしストーリー

今夏公開決定『劇場版 弱虫ペダル』 原作者書き下ろしストーリー

 『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)に連載中の渡辺航氏の漫画原作、自転車(サイクル)ロードレースアニメーション『弱虫ペダル』で、初のオリジナル長編映画が制作され、今夏に公開されることが決定した。渡辺氏が同映画のためにオリジナルストーリーを書き下ろした。

 同アニメは、2013年10月から14年6月まで第1期シリーズ(インターハイ編)が放送され、その後、総集編が劇場公開された。14年10月には第2期『弱虫ペダル GRANDE ROAD(グランロード)』がスタート。自転車ロードレースにかける高校生たちの熱いバトルと、ロードレースならではの迫力とスピードに満ちた戦いを描き、多くのファンを獲得、話題を呼んでいる。

■『弱虫ペダル』シリーズ ストーリー

 アニメやフィギュアが大好きなオタク少年の小野田坂道。毎週往復90キロの秋葉原へ自転車で通っている内に自転車で走る力<ペダリング>が知らず知らず鍛えられていた坂道は、自分と同じ総北高校に入学した今泉俊輔、鳴子章吉という2人のロードレーサーとの出会いを機に、自転車競技部へ入部する。

 今泉や鳴子、3年生の金城、巻島、田所らと切磋琢磨する厳しい練習の中で、山登りを得意とする“クライマー”としての素質を開花させた坂道は、初心者ながら全国大会(インターハイ)のメンバーに選ばれる。王者・箱根学園のメンバー、京都伏見高校の怪物レーサー御堂筋ら個性的なキャラクターも登場。サイクルロードレースに懸ける男たちの熱いドラマと戦いが展開していく。

■劇場版公式サイト
http://yowapeda-movie.com/



関連写真

  • シナリオは、原作者・渡辺航氏の書き下ろしストーリー『劇場版 弱虫ペダル』2015年夏公開
  • 初のオリジナル長篇映画『劇場版 弱虫ペダル』

オリコントピックス