ドラマ&映画 カテゴリ

3人組ユニット・TOKYO NO.1 SOUL SETのボーカル&ギターで、福島出身者による猪苗代湖ズとしても活動する渡辺俊美のエッセー『461個の弁当は、親父と息子の男の約束』(マガジンハウス)がドラマ化されることになった。渡辺に扮して主演を務める俳優の別所哲也は「今までに演じたことのない、カッコよくてチャーミングな人間味あふれる俊美さんを、全身で演じきりたい」と意欲を燃やす。 妻と離婚し、震災で故郷も失ったシングルファーザーの主人公・渡辺俊美(別所)は、1年遅れで高校進学を決めた息子・歩(望月歩)に毎日手作りの弁当を作ると約束する。3年間、弁当を作り続ける間にはさまざまな出来事が起こる。かつてとはどこか異なる日常の中で、父は息子との絆を強く結んでいくようになり、卒業と共に新たな家族の船出を迎える。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索