アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 内野聖陽、日本・トルコ合作映画『海難1890』に主演 ヒロインは忽那汐里

内野聖陽、日本・トルコ合作映画『海難1890』に主演 ヒロインは忽那汐里

 日本とトルコ、125年の友好関係を築いたエピソードを映画化するプロジェクトがついに始動。映画会社の東映が昨年発表したタイトル『エルトゥールル』改め、『海難1890』(12月公開予定)の撮影がスタートし、俳優・内野聖陽が主演することが12日、わかった。ヒロインには女優・忽那汐里が起用され、時空を越えて1人2役を演じる。

 日本よりおよそ9000キロも離れた、アジアとヨーロッパの2つの大州にまたがる1つの国、トルコ共和国。かつてオスマン帝国として歴史に名を刻んできたその国と日本が育んできた友好の歴史の中で、語り注がれる2つの物語。

 一つは、日本とトルコの友好関係の始まりとなった1890年に起きた軍艦エルトゥールル号の海難事故。オスマン帝国最初の親善訪日使節団を載せたエルトゥールル号は、その帰路の途中、和歌山県串本町沖で海難事故を起こし座礁、大破。乗組員618人が暴風雨の吹き荒れる大海原に投げ出され、500人以上の犠牲者を出してしまう。この大惨事の中、地元住民が献身的な救助活動を行い、そのおかげで69人の命が救われ、無事トルコへ帰還することができた。

 そして、時は流れ1985年。イラン・イラク戦争が勃発し、サダム・フセインのイラン上空航空機に対する無差別攻撃宣言によって緊張が高まる中、テヘランに取り残された215人の日本人の救出にトルコが尽力。「エルトゥールル号の恩返し」と、まだ500人近くのトルコ人がテヘランに残っていたにも関わらず、日本人を優先的に飛行機に乗せてくれたのだ。

 後世に語り継ぎたい国境を越えた友情の物語の映画化には、両国政府も協力。このたび明らかになったキャストの内野は、遭難したエルトゥールル号船員の介抱、治療に奔走する医師役で主演。ヒロインの忽那は、“事故当時の紀伊大島樫野村に住む医師・田村のサポートをする女性”と“テヘラン脱出のため大使館に掛け合う日本語教師”の2役を演じる。ほかにも、夏川結衣、小澤征悦、竹中直人、笹野高史などが脇を固める。

 内野は「撮影はまだ始まったばかりですが、良いものを作り上げんとする雰囲気と活気に満ちあふれ、とてもいい現場です。日本とトルコ、東の果てと西の果ての国が、ある事件をきっかけに友情を築くことができたという事実。この歴史的な実話を映画化することはとても意義のあることだと思います」と意欲を燃やす。

 忽那は「作品のベースとなるお話を聞き、トルコと日本という国の間にこんな密接な関係があったことがとても新鮮でした。長きにわたるトルコとのお互いの助け合いの歴史を、映画を通してお互いに確かめ合う象徴となるような作品が出来ることを期待しています。トルコでの撮影も今から楽しみです。精一杯、2つの役を演じ切りたいと思います。頑張ります」と意気込みを語った。

■公式サイト
http://ertugrul-movie.com/



関連写真

  • 日本・トルコ合作映画『海難1890』(12月公開)
  • 主演の内野聖陽
  • ヒロインの忽那汐里

オリコントピックス