• ホーム
  • 芸能
  • 【花燃ゆ】アニメファンの関心を集め、SNSは盛況

【花燃ゆ】アニメファンの関心を集め、SNSは盛況

 NHKの大河ドラマ『花燃ゆ』第1回「人むすぶ妹」が4日午後6時からBSプレミアム、午後8時から総合テレビで放送された。ネット上ではGoogle検索で「花燃ゆ」が急上昇したり、ツイッターでは「意外と面白かった」「池田秀一さんナレーションでテンション上がる」などさまざまな感想が投稿されたりして、盛り上がりをみせた。

 2ちゃんねるやツイッターをまとめてタイムラインに流せる実況サービス「Shoutry」を見ると、総合での放送中の総ツイート数は「1万1418」。同日、同局の番組ではダントツの1位で、2位『新春テレビ放談2015』の「1596」と比べてもその差は歴然。

 ツイッターの投稿で目立ったのは、語りの池田秀一に関するもの。「うぉー!ナレが池田さん! 赤い彗星シャア 赤髪のシャンクス 赤井秀一」「ナレーションが池田秀一なので花燃ゆみてみる」などと、池田の“集客効果”は抜群。

 「新しい大河ドラマはナレーションがシャアで有名な池田秀一さんなだけでなく作曲してる方がガンダム00や攻殻機動隊でお馴染みの川井憲次さんなんだぜ」と、音楽を手がける川井憲次への反響も見られた。チームラボによるオープニング映像とともに流れるメインテーマには、ゲームやアニメ作品の主題歌を歌うことも多い志方あきこがソプラノで参加していることもアニメファンの関心を集めた。

 主人公・文(ふみ)の少女時代を演じた山田萌々香については「井上真央に似ている」「演技がうまい」と絶賛する声も多数。伊勢谷友介演じる吉田寅次郎(後の松陰)の口癖の「世話ぁない(どうってことない)」が「流行りそう」と予測する人や、「人はなぜ学ぶのか(中略)己を磨くために学ぶんじゃ」「自分の頭で考えるのが真の学問」といった寅次郎の劇中のせりふに「励まされた」という受験生らしきつぶやきも見られた。

 『花燃ゆ』は全50回。【総合】毎週日曜 後8:00、【BSプレミアム】(毎週日曜 後6:00)、【総合・再放送】毎週土曜 後1:05。



オリコントピックス