アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 永作博美&石田ゆり子が初共演 40代女性の本音と真の友情描く

永作博美&石田ゆり子が初共演 40代女性の本音と真の友情描く

 女優の永作博美(43)と石田ゆり子(44)が、10月14日スタートのNHKドラマ『さよなら私』(毎週火曜 後10:00、連続9回)で初共演する。連続テレビ小説『おひさま』(同局)や『最後から二番目の恋』『続・最後〜』(フジテレビ系)などを手がけた岡田惠和氏の脚本で、40代女性の本音と真の友情を描く。

【写真】その他の写真を見る


 二人が演じる友美と薫は、高校1年の秋、ある事件がきっかけで永遠の友情を誓い合った同級生。しかし、41歳になった今、二人は対称的な人生を歩んでいた――。

 永作が演じる友美は、誰もがうらやむような幸せな家庭を築いた専業主婦。石田が演じる薫は映画プロデューサーとして活躍。そんな生き方の違いから疎遠になっていた二人だったが、同窓会で20数年ぶりに再会し、かつての親密な時間を取り戻す。しかし、友美にひとつの疑惑が芽生える。「薫は自分の家庭のことを知りすぎている」。夫と親友が不倫? その真相に迫るとき、信じられない運命が友美と薫を襲う、という何やら謎めいた展開の物語となっている。

 制作統括の菓子浩氏は「友美は専業主婦、薫はキャリアウーマンと生き方は異なりますが、二人は輝ける存在。美しく年を重ねられ、多くの女性が憧れる永作さんと石田さんに、ぜひこの役を演じていただきたいと思いました。女性の持つ『優しさ』と『強さ』の両面を、繊細に演じられています。どうぞ、お楽しみに」とコメントを寄せている。



関連写真

  • 10月スタートのNHKドラマ『さよなら私』で永作博美(左)と石田ゆり子が初共演
  • 10月スタートのNHKドラマ『さよなら私』に出演する永作博美
  • 10月スタートのNHKドラマ『さよなら私』に出演する石田ゆり子
  • 10月スタートのNHKドラマ『さよなら私』に出演する藤木直人

オリコントピックス