アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『R-1ぐらんぷり』、やまもとまさみが初優勝 満票で12代目王者に!

『R-1ぐらんぷり』、やまもとまさみが初優勝 満票で12代目王者に!

 毎年恒例の“一人話芸”日本一決定戦『R-1ぐらんぷり2014』決勝戦が4日、東京・台場のフジテレビで行われ、ピン芸人・やまもとまさみが初優勝を果たした。やまもとは、トロフィーと賞金500万円を受け取り「いや〜、本当によかったです。すいません、何にも言えなくて」と感無量。目をやや赤らめ「本当にいろいろありまして、応援してくださった方ありがとうございます」と感謝を口にした。

 やまもとは、アルバイトの留学生に変な日本語を教えたことで間違いが続出するしゃべりネタで、満票となる8票を獲得し、12代目王者に輝いた。また、準優勝はファイナルステージに進出したレイザーラモンRG馬と魚の2人となった。

 今年で12回目となる同大会には、過去最多の3715人がエントリー。決勝トーナメントはA、B、Cの3ブロックに分かれ、4組ごとにネタを披露。Aブロックは、スティーブ・ジョブズの物まねを披露したRGが勝ち抜き、Bブロックは、まくし立てるしゃべりネタのやまもとが突破。Cブロックは人気歌手が歌いそうなフレーズをネタにする馬と魚が勝ち進んだ。

 決勝戦の模様は、同日午後7時より関西テレビ・フジテレビ系で生放送され、お笑いコンビ・雨上がり決死隊、フジテレビ・加藤綾子アナウンサーが司会を担当。審査員を桂文枝、板尾創路、木村祐一、関根勤、天野ひろゆき(キャイ〜ン)、清水ミチコ、ラサール石井が務めた。

 優勝者には、今後、副賞として関西テレビ・フジテレビ系の冠番組が与えられる。

オリコントピックス