• ホーム
  • 音楽
  • セーラームーン20周年記念ライブでももクロ、しょこたんらが熱唱

セーラームーン20周年記念ライブでももクロ、しょこたんらが熱唱

 漫画家・武内直子原作の人気アニメ『美少女戦士セーラームーン』の20周年記念ライブ『“美少女戦士セーラームーン”THE 20TH ANNIVERSARY MEMORIAL TRIBUTE〜』が27日、東京・Zepp Tokyoで開催され、アイドルグループ・ももいろクローバーZ、歌手の中川翔子福原遥堀江美都子が共演した。同アニメの主題歌や劇中歌などを披露し、観客と一体となってセーラームーンの世界観に浸った。

【写真】その他の写真を見る


 トップバッターでステージに立った福原は、同アニメのエンディング曲に使用された「プリンセス・ムーン」を歌唱。その後、「なめこのうた」を披露し、額にセーラームーンのシンボル、三日月マークがあしらわれたなめこの着ぐるみも登場した。

 続く中川は「セーラームーン大好きー! 幸せ〜!」と言いながら登場。先月発売されたセーラームーントリビュート・アルバムでカバーした「HEART MOVING」のほか、現在でも人気の高い楽曲「乙女のポリシー」、アニメ第4シリーズ『SuperS』のエンディングテーマ「“らしく”いきましょ」を熱唱。曲間にも「セーラームーンは永遠のバイブルだ〜」「この世の全てがセーラームーンに詰まっている!」と底知れぬ愛を叫び続けていた。

 3番目の登場は“アニソンの女王”こと堀江。タキシード仮面に変装した司会者から「レジェンド」と紹介され、照れながらステージに現れるも、衣装は足を大胆に露出したミニスカート。見事に“メイクアップ”した堀江は「キャンディ・キャンディ」、「花の子ルンルン」、「ひみつのアッコちゃん」を歌い上げると、会場は一気に少女アニメムードに。観客からは「懐かしい」という声がもれた。

 その後「アクビ娘の歌」、「サザエさんのうた」など誰もが知るアニソンをメドレーで披露したほか、アニメ『超電磁マシーン ボルテスV』の主題歌を歌い上げた。ラストには、“負けない!”の歌詞が印象的な、セーラームーンアニメ最終シリーズのOP曲「セーラースターソング」を高らかに響かせた。

 トリを担当したのは今夏に復活するアニメ『セーラームーン』の主題歌を担当するももクロ。“おだんごヘア”で登場した高城れには月野うさぎになりきり、「みんな〜、私の20周年記念に来てくれてありがとう。盛り上がってくれないと、月に代わって、お仕置きよ!」と決めゼリフ。「ピンキージョーンズ」「猛烈宇宙交響曲・第七楽章『無限の愛』」など、自身の代表曲に加え、「ムーンライト伝説」、最後は「タキシード・ミラージュ」でしっとりと締めた。

 夏に放送される新作アニメ『セーラームーン』。多くのファンが待ち望んだ復活を前に、大いに盛り上がった約2時間となった。



関連写真

  • 月に代わって、お仕置きよ ! ももいろクローバーZが『美少女戦士セーラームーン』の楽曲を熱唱(写真提供:MTV JAPAN)
  • 「セーラームーン大好きー!」と叫びながら登場した中川翔子(写真提供:MTV JAPAN)
  • ミニスカートで登場した「アニソンの女王」堀江美都子(写真提供:MTV JAPAN)
  • ももいろクローバーZ=『MTV LIVE 2014 supported by SHIDAX with LIVE DAM〜
  • 中川翔子=『MTV LIVE 2014 supported by SHIDAX with LIVE DAM〜
  • 中川翔子=『MTV LIVE 2014 supported by SHIDAX with LIVE DAM〜
  • 福原遥=『MTV LIVE 2014 supported by SHIDAX with LIVE DAM〜
  • 堀江美都子=『MTV LIVE 2014 supported by SHIDAX with LIVE DAM〜

オリコントピックス