アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 嶋大輔「きょうが男の勲章」 芸能人生最後のつっぱり「落選しても戻らない」

嶋大輔「きょうが男の勲章」 芸能人生最後のつっぱり「落選しても戻らない」

 俳優の嶋大輔(48)が25日、芸能界を引退し政界転身を発表した。ロックバンド・横浜銀蝿の弟分として1981年にデビューしてから歌手、俳優として活動してきた嶋だが、今後は政治家へ転身。同日の会見で、うわさされる自民党から今夏の参院選出馬については「白紙」と否定したが、今後は“いじめ対策”を中心に政治活動を行っていくとし、芸能界に対して「心残りはない。きょうが集大成。きょうが男の勲章です」とつっぱってみせた。

 「きょうを持ちまして、32年間お世話になりました芸能界を引退します」。

 冒頭できっぱり引退を宣言した。「3年前に今のままでいいのかと思った。2年前の震災をきっかけに、教育やいじめ問題に取り組みたいと思い、法案を作れる国会議員になりたいと考えるようになった」と以前から政界転身を考えていた。「いじめ撲滅という活動をしてきましたが、自分が表に立ってできることとして、政治をしようと思いました」と決意を固め、政治理念は「いじめられない環境づくり」と話した。

 「いじめるほうが悪いのではなく、どうしてそういう環境になってしまうのかを考えていきたい。いじめられている子って言えないんです。そういう子に対して『この人に言えば大丈夫』という環境づくりをしてあげたい」と熱弁。自身の引き合いに「僕もいじめられたことがある。体操着にアホと書かれたりしたので、いじめられている子の気持ちがわかる」といい「今の子どもはテレビゲームでもリセットすれば大丈夫だと思っていて、人の痛みがわかっていない。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』のような、よき時代を取り戻したい」と語った。

 今夏の参院選に自民党から立候補するとみられるが、今後については「全く白紙です」。年内の出馬にも「まだ考えておりません」。一方で、政治家を目指すきっかけは、3年前に知り合った自民党議員の影響が大きいと認めた。「身近で活動を見て勉強になり、過去には後援会にも所属していた」と自民党との深い関係を匂わせたが「まだ党も考えていない。今は出馬とかではなく、自分にできることを一歩一歩やっていきたい。(自民党から)話があればありがたいが、今のところは白紙です」と慎重に話した。

 年内出馬も未定、党も未定としながらもこの時期に引退する意味については「参議員選うんぬんは考えていないのですが、長女の受験が一段落ついて、女房が背中を押してくれた」といい「落選しても芸能界には戻りません」と再び芸能界引退を宣言。さらに「“政治家”にこだわるのは、芸能人ではなく、皆さんと同じ土俵にあがらないと、と決意したから。自分は不器用なので二足のわらじは履けないと思った」と退路を絶ち、不退転の決意を語っていた。



オリコントピックス