• ホーム
  • 映画
  • 関ジャニ∞丸山、『世にも奇妙な物語』初主演 小栗旬らも初出演

関ジャニ∞丸山、『世にも奇妙な物語』初主演 小栗旬らも初出演

 タモリがストーリーテラーを務め、放送開始から23年目を迎えるフジテレビの看板番組『世にも奇妙な物語 ’13 春の特別編』(5月11日放送、後9:00)の出演者が明らかになった。小栗旬檀れい、関ジャニ∞の丸山隆平佐々木希チュートリアル徳井義実がそれぞれ主演する全5編。5人とも同シリーズ初出演で初主演を務める。

 丸山は『石油が出た』で、ある日突然、おしっこが石油になってしまうフリーターを怪演。「当然のことですけど、世にも奇妙な話やな〜って思いましたね(笑)。単純に石油が尿として出るわけじゃないですか(笑)。ジャニーズ事務所にいながら、このようなユニークな題材をやらせてもらえる、というのは、とても快感です(笑)。台本をもらったときは、プレッシャーでもあり、光栄でもありました」と全力で演じた。

 関ジャニのメンバーも自分のことのように喜んだ様子を丸山は「『よかったな』と言ってくれました。インする当日に錦戸亮から『ドラマ頑張ってな』とメールも来ました。あと、なぜかマネージャーのすごいスマイルな写真が送られてきて、和んで撮影に入ることができました(笑)。安田章大とご飯に行ったときには、『世にも奇妙な物語』出演が決まったお祝いで、おごってもらいました」と明かす。

 「子どものころから見ていたので、何かしら機会があれば出演したいと思っていた」という小栗は『AIRドクター』で偽ドクターを演じる。漫画『団地ともお』で知られる小田扉氏の『前夜祭』(講談社モーニングKC)に収録の「もどき」が原作。小栗は「ある意味、くだらないところが見どころ。もしかしたら今の社会を風刺している物語なのかなと(笑)。偽者たちが、なんだかよく分からないうちに本物みたいになっていく。現実にも嘘(うそ)をついてしまう瞬間はあると思うので、そういった意味でも面白いと思います」と作品をアピールしている。

 ほかに、檀が女優人生で初めて“夫を殺す”悪女に挑戦する『不死身の夫』、佐々木が上司を呪うダメOLを演じる『呪web』、徳井がある秘密を持った小学校の先生をそれぞれ演じる『階段の花子』が放送される。



関連写真

  • 5月11日放送の『世にも奇妙な物語』に初主演する小栗旬。ほかに、檀れい、関ジャニ∞・丸山隆平、佐々木希、チュートリアル・徳井義実が出演
  • 5月11日放送の『世にも奇妙な物語』で夫を殺す妻を演じる檀れい

オリコントピックス