ドラマ&映画 カテゴリ

山田孝之、ネガティブ発言連発「夢とか持って生きてない」

 俳優・山田孝之が6日、都内で行われた映画『らくごえいが』の初日舞台あいさつに登壇した。山田は「僕ら、映画に出ても、観てもらえないと徐々に出られなくなって、最終的には無職になってしまうんで…」と独特の言い回しでアピールし、司会から「スターらしく夢を与えてもらわないと」と突っ込まれるも「夢とか持って生きてないんで…」とネガティブ発言を連発して会場の笑いを誘った。

 本作は、東京藝術大学大学院映像研究科によって制作された学生映画。古典落語を原作・原案とした3本の短編映画と落語家・桂三四郎による「まくら」、落語家へのインタビューで構成されたオムニバス作品となっている。

 「ライフ・レート」で主演した山田は「今日、初日なんですか、外を歩いて花粉を吸い過ぎだし、辛いものを食べ過ぎてお腹も痛いし、睡眠不足だしということがバレないように、最高の笑顔と元気でやっていきます」と冗談めかしてあいさつ。同席した桂に向かって「最後、桂さんが落とし穴にはまるドッキリがあるっていうのは言わない方がいい?」と発言し、桂を慌てさせるなど終始、マイペースに振舞った。

一方で山田は「落語が好きな人が映画を観に来たり、映画に来た人が落語を観たり。架け橋になったらいいと思った」と、今回オファーを受けた理由を明かし「全部ひっくるめて日本のエンターテイメントが活気づくといいなと思っているのでご協力お願いします」と最後は真剣に呼びかけていた。

 舞台あいさつにはそのほか、加藤貴子、遠藤幹大監督、松井一生監督、坂下雄一郎監督らが出席した。

関連写真

  • 映画『らくごえいが』の初日舞台あいさつに登壇した山田孝之 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『らくごえいが』の初日舞台あいさつの様子(左から)田中雄之プロデューサー、坂下雄一郎監督、桂三四郎、山田孝之、加藤貴子、遠藤幹大監督、松井一生監督
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索