アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • AI、『夜行観覧車』最終回でドラマデビュー

AI、『夜行観覧車』最終回でドラマデビュー

 歌手のAIが、きょう22日放送のTBS系ドラマ『夜行観覧車』(毎週金曜 後10:00)にスペシャルゲストとして出演し、ドラマデビューを飾る。同ドラマの主題歌「VOICE」を歌うAI本人たっての希望で実現。鈴木京香演じる主人公・遠藤真弓のパートの同僚・うえむら役で、刑事と真弓が話をし、うえむらが真弓に声をかけるシーンに登場する。

【写真】その他の写真を見る


 初めてのドラマ撮影、初演技にAIは「緊張ですよ!(出演させていただいて)本当に申し訳ない感じです」とドキドキ。一言だけだが台詞もあり、「鹿児島弁のイントネーションが出てしまうのでは…」とリハーサルから緊張していたが、鈴木らに励まされて無事撮影を終えていた。

 人気作家、湊かなえ氏の同名小説を原作に、映画『八日目の蝉』『おおかみこどもの雨と雪』などの脚本家・奥寺佐渡子氏が、ドラマ版ならではの複雑に絡み合った人間模様をサスペンスフルに描き出した同作。最終回で、遠藤家、高橋家、小島家それぞれが抱える過去や秘密、そして高橋家で起きた事件の真相が明かされる。それぞれの登場人物、それぞれの家族は「再生」に向かってどのような選択をするのか、注目される。



関連写真

  • AIが今夜最終回のドラマ『夜行観覧車』にゲスト出演でドラマデビュー(C)TBS
  • 3月22日放送の『夜行観覧車』場面写真(C)TBS
  • 湊かなえ原作のドラマ『夜行観覧車』がいよいよクライマックス。すべての謎が解き明かされる(C)TBS

オリコントピックス