【レコ大】最優秀新人賞は家入レオ

 年末恒例の音楽賞『第54回 輝く!日本レコード大賞』の最終選考会が30日行われ、今年2月にメジャーデビューした現役女子高校生シンガー・ソングライターの家入レオ(18)が最優秀新人賞を受賞した。家入は「本当に信じられない気持ちというか、いただけると思っていなかったのですごくうれしい」と感激。歌手になることを反対していた父からメールをもらったといい「上京するときに、半勘当状態だったんですけれどもうれしかった」と目を輝かせた。

【写真】その他の写真を見る


 YUIや絢香を輩出してきた福岡の音楽塾ヴォイス出身の家入は、歌手を夢見て昨年3月に半ば勘当状態で単身上京。デビュー前からライブ活動で経験を積み、今年2月15日にメジャーデビューを果たした。

 デビュー曲「サブリナ」はインディーズの活動歴がなかったにも関わらず、初登場9位。2ndシングル「Shine」は『2012 上半期 USEN J-POP総合ランキング』の1位を獲得した。kさらに今年は『ROCK IN JAPAN FES 2012』などの夏フェスにも参加し、10月に発売した1stアルバム『LEO』はアルバムランキングで初登場2位を記録した。

■過去5年の最優秀新人賞
2011年:Fairies「More Kiss」
2010年:スマイレージ「夢見る 15歳」
2009年:BIGBANG「ガラガラ GO!!」
2008年:ジェロ「海雪」
2007年:℃−ute「都会っ子純情」



関連写真

  • 『最優秀新人賞』を受賞した家入レオ (C)ORICON DD inc.
  • 『最優秀新人賞』を受賞した家入レオ (C)ORICON DD inc.
  • 『最優秀新人賞』を受賞した家入レオ (C)ORICON DD inc.
  • 『最優秀新人賞』を受賞した家入レオ (C)ORICON DD inc.
  • 『最優秀新人賞』を受賞した家入レオ (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス