アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • Raphael、華月さん13回忌で涙の復活ライブ「不滅だよ」

Raphael、華月さん13回忌で涙の復活ライブ「不滅だよ」

 2001年1月に活動休止したビジュアル系バンド・Raphael(ラファエル)が10月31日、東京・青海のZepp Tokyoで復活ライブ2days『天使の檜舞台』初日公演を開催した。2000年10月31日に急逝したギタリスト・華月さん(享年19)の13回忌にあたるこの日、約12年ぶりに集結したオリジナルメンバーの3人は、「秋風のラプソディ」「夢より素敵な」など全22曲を披露。ボーカル・YUKIは「歌は不滅だよ。Raphaelは不滅だよ」と涙ぐみ、「華月というアーティストは天才だったと思う」と満席の会場で胸を張った。

 12年ぶりに実現したRaphaelの再演に、会場は歓喜と笑顔、そして涙であふれた。初日の「第一夜 白昼夢」公演は、メジャーデビュー曲「花咲く命ある限り」(1999年7月発売)で幕を開けるとファンのボルテージは急上昇。ヘッドバンギングの嵐が巻き起こるなか、YUKIが「ただいま!」と投げかければ、すぐに「おかえり〜」「ありがとう」コールで沸いた。

 YUKI、ベースのYUKITO、ドラムのHIRO、そして華月さんがいたステージ上手には、愛用していたギターが2本。会場中央に設けられたビジョンに華月さんの映像が流れるたび「華月」コールが起こり、ギターにはまばゆいほどのスポットライトが注がれた。

 生前の華月さんの演奏をもとに再録音してリリースされた「eternal wish〜届かぬ君へ〜」パフォーマンス時には、華月さんも“降臨”した。YUKIが「12年前の倉庫にある資料をひっくり返したら、あんにゃろ〜の弾いたデモテープが出てきて、復刻して持ってきた。目を閉じて、ゆっくり聴いてみてよ。きっと目に浮かぶはず。一緒にライブに参加させてあげて」と呼びかけて演奏をスタートすると、セキを切ったようにすすり泣きが響き渡った。

 華月さんの死を改めて悲しむファンの声に、YUKIは「ずっと背負ってきた悲しみは、俺が受け止めるから。背負ってやるから。だから、盛り上がってくれるかい?」。ライブ実現に至るまで、メンバーたちにはさまざまな思いや葛藤があったといい、そんななか迎えた再演に「本当に夢みたい」と感慨深げ。華月さんが主に作詞作曲を手がけたナンバーに「名曲は名曲だね。色褪せないよ。今聴いてもダサくない。才能は本物だよ。華月というアーティストは天才だったと思う」と語っていた。

 YUKIがライブ冒頭に「最高のライブになる。間違いないよ」と確信していたとおり、終始メンバーとファンが一体感に包まれたライブハウス。ゲストギタリストとして、SEX MACHINEGUNSのANCHANG、AYABIEの夢人、DaccoのLida、ナイトメアの咲人が駆けつけて華月さんの生み出した音楽を奏で、2700人の観客を沸かせていた。

 11月1日には2日目となる「第二夜 黒中夢」を開催し、2日間の模様は、12月26日(水)にDVD、CDとして同時発売される。



タグ

オリコントピックス