アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 真矢みき、テレ朝の『捜査地図の女』で連ドラ初主演

真矢みき、テレ朝の『捜査地図の女』で連ドラ初主演

 女優・真矢みきが、10月スタートのテレビ朝日系ドラマ『捜査地図の女』(毎週木曜 後8:00)で、連続ドラマに初主演することが28日、わかった。地図を作らせたら右に出る者はいない、“人間GPS”ともいうべき能力を持つ京都府警捜査一課のベテラン女性刑事を演じる。真矢自身が「昔から地図と歩くことが大好きで、“尊敬する人物は伊能忠敬”、地図を眺めながら、お酒を飲める!」と言うほどの地図マニアで、まさにハマリ役。同局系の人気シリーズ『科捜研の女』(沢口靖子主演)や『京都地検の女』(名取裕子主演)に続く、ニューヒロインの誕生だ。

 同ドラマは、“捜査地図”という、まったく新しい視点から事件の謎を解く、“京都トラベルミステリー”。真矢演じる橘珠子(たちばな・たまこ)は、京都府警捜査一課で、“捜査地図を作る”仕事を任されている。捜査地図は、捜査本部が立ち上がると真っ先に作成されるもので、捜査の進展に従って浮上した大量の情報、不審車の存在や目撃証言などが書き込まれていく、手掛かりの宝庫だ。

 珠子はこの捜査地図を描き、眺めながらさまざまな考えを巡らせる。地図から得た疑問や違和感の正体を確かめるため、現場にも足を運び、入り組んだ京都の路地をひたすら歩き、時に走りながら、真相に近づいていく。そんな珠子が最も才を発揮するのが、“アリバイ崩し”。捜査地図を駆使した推理で、容疑者のアリバイの壁を崩していく時は、目の色が変わる。同ドラマの見せ場の一つとなる。

 演じる真矢は「(珠子は)天才でも秀才でもなく、ただ事件という難題を解きたくてたまらない…そういう気持ちが誰よりも強い女性。実は推理を外しちゃったりする、人間らしさもあります。だからこそ用意周到に身構えてお芝居をするのではなく、気負わずに、彼女の人間性やユーモアを大切に演じていきたいと思っています」と抱負を語っている。

 「地図は生きている…!」という決めゼリフで、鉄壁と思われたアリバイが崩れ、事件が解決する爽快感はもちろん、珠子の捜査活動を通して、京都の名所やグルメ、風物詩が随所に登場するトラベルミステリーの醍醐味もある。また、年間で約4690万人もの旅行者が訪れる京都だからこそ、“旅人たち”が事件の関係者として登場するストーリーにも注目だ。

 珠子を中心に絶妙なチームワークで事件を解決していく、個性的な仲間たちに、石黒賢内山理名阿部力宇梶剛士中村梅雀らが出演。さらに、珠子の母親役の草笛光子、内科医の視点から事件解決のヒントをもたらすこともある珠子の夫役の渡辺いっけいが脇を固める。



オリコントピックス