アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 竹内結子、映画『ポテチ』にエキストラ出演 すっぴん&自前衣装でオーラ封印

竹内結子、映画『ポテチ』にエキストラ出演 すっぴん&自前衣装でオーラ封印

 12日に全国公開を迎えた映画『ポテチ』に女優・竹内結子がエキストラ出演していることが明らかになった。同日、都内劇場で主演の濱田岳、ヒロインの木村文乃中村義洋監督が舞台あいさつを行い、濱田が「大物女優がエキストラで出ているんですよ」と発表。竹内は中村監督と『チーム・バチスタの栄光』でタッグを組ん以来の旧知の仲であり、エキストラ出演も竹内が自ら望んで実現。メイク無しの衣装も自前だったといい、中村監督は「撮影の前日は一緒に飲んでいたから、(当日は)二日酔いだったんじゃないかな」と振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 中村監督は「完全エキストラ扱いだったんです。気を使う配給スタッフにも、放っておけ! と、指示を出しました」と現場の様子を明かすと、濱田も「椅子も用意されずでしたよね」と思い出し笑い。木村も全く知らされておらず「本当に驚きました」と語ると、中村監督が続けて「ほかにも事前に知らされていないスタッフもいて、荷物を運びながら驚いて二度見してました(笑)。衣装は自前でしたよ、メイクもしてなかったと思います」と楽しげに明かした。

 同作は『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』など、これまで宮城・仙台を舞台とする数々のヒット作を送り出してきた作家・伊坂幸太郎氏と中村監督コンビの最新作。『ゴールデン〜』以降、伊坂氏が「身辺を静かにしたい」と自身の作品の映画化を遠ざけていたが、東日本大震災をきっかけに急遽映画化を決意した思い入れの深い作品であり、中村監督は「ここまでこれただけで満足です」と万感の思い。伊坂氏からのサプライズの手紙がMCにより読み上げられると「嬉しいですね」とうっすら目頭を熱くしていた。

 仙台を舞台に、空き巣を生業とする一方で、同じ日に生まれたプロ野球選手に特別な感情を寄せる今村(濱田)を主人公に、2人(プロ野球のスター選手と凡人)が運命に翻弄されながらも、家族や恋人を巻き込んで、目に見えない強い絆を描いていくハートウォーミングな物語。木村は今村の恋人・若葉役を演じ、音楽は斉藤和義が手がける。

 すでに4月7日より仙台で先行公開され、動員1万人を突破。全国公開を迎えたこの日、濱田は「(事務所の)先輩の名前を借りてしまったことにより、あともう1回は観てほしい」と、アピールしていた。



関連写真

  • 映画『ポテチ』全国公開初日舞台あいさつに登場した(左から)木村文乃、濱田岳、中村義洋監督 (C)ORICON DD inc.
  • 【撮影の様子】自らエキストラを希望した竹内結子(左)
  • 【撮影の様子】オーラ封印で通行人を演じる竹内結子
  • 濱田岳 (C)ORICON DD inc.
  • 木村文乃 (C)ORICON DD inc.
  • 中村義洋監督 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス