アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • AKB前田敦子「ハタチの夢に向かって」…卒業は「後輩のため」

AKB前田敦子「ハタチの夢に向かって」…卒業は「後輩のため」

 人気アイドルグループ・AKB48のエース、前田敦子(20)が25日、グループからの卒業を電撃発表した。さいたまスーパーアリーナ3days公演の最終日、すべての演目を終えた前田は「私からお話があります」と静かに切り出し、グループのこと、自らのことについて語り始めた。卒業時期、その後の予定は未定。「正直不安でいっぱいで、どうなるかわかりません」。ただ「たくさんいる後輩のためにも卒業して歩き出さないといけない」と、6年半先頭を走り続けた者としての使命感、決意を口にした。

【写真】その他の写真を見る


 「14歳の時にAKB48のオーディションを受けて初期メンバーとして加入しました。そのオーディションを受けたことは、私にとって大きな決断でした。今日ここで大きな決断をさせてください。私、前田敦子はAKB48を卒業します。私なりに頑張った6年半でした」

 「あっちゃん」コールに混じり「嫌だ〜」「うそだ〜」と絶叫するファン、泣き崩れるメンバー。

 「コンサート1日目で東京ドーム公演が発表され、14歳の時のみんなの夢がかなったと、とても感動しました。それとともにハタチの夢に向かって抜け出さないと、と思いました」

 グループ発足以来、ともに歩んできた高橋は号泣しながら「彼女なりに考えたこと。AKBにいることがゴール地点ではありません。たくさんのものを背負ってきた敦子を見送って」と盟友の背中を押した。

 不動のエース、まさかの卒業。メンバーも衝撃的な事実を受け止められないまま、ラストに「会いたかった」を披露し、前田のもとには同期の高橋や板野友美小嶋陽菜をはじめ、篠田麻里子ら初期メンバーが集まり、泣きながら抱擁を交わしていた。

 過去3度行われた「選抜総選挙」は、第1回(2009年)1位、第2回(10年)2位、第3回(11年)1位と首位奪還。選挙TOP10入り経験者の卒業は初めてとなる。



関連写真

  • ついに卒業へ
  • 高橋みなみと前田敦子
  • オープニングでは「ヘビーローテーション」のバンド演奏を生披露
  • AKB48さいたまスーパーアリーナ3days公演

オリコントピックス