Kylee、「FIFAクラブW杯」決勝で公式ソング熱唱

 17歳の現役女子高生シンガー・Kylee(カイリー)が18日、横浜国際総合競技場で行われたサッカー『TOYOTAプレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011』の決勝戦に登場し、大会公式イメージ曲「NEVER GIVE UP!」を熱唱。7万人の観客を盛り上げた。

 これまでにNBAやMLBで国歌斉唱を経験したKyleeは、「7万人という大観衆の前でパフォーマンスするチャンスをいただき本当に光栄です! 日本から世界各国に私の歌を届けられたことに大変感激しています」と喜びいっぱい。

 そして、欧州代表のFCバルセロナ(スペイン)と南米王者のサントスFC(ブラジル)の白熱した決勝戦を観戦し「選手の皆さんの素晴らしいプレイにすごく勇気をもらったので、これからも歌を通じてメッセージを届けていけたらと思います」と意気込んだ。

 Kyleeは、先月23日に「NEVER GIVE UP!」や『ニッセン』のCMソングで話題の「CRAZY FOR YOU」を収録した1stアルバム『17』を発売。12/5付オリコン週間アルバムランキング15位に初登場した。
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索