ドラマ&映画 カテゴリ

元宝塚歌劇団で女優の映美くららが、2012年1月5日スタートの昼ドラマ『鈴子の恋』(毎週月〜金 後1:30 東海テレビ・フジテレビ系)でドラマ初主演を務めることが9日、わかった。漫才師で女優の故・ミヤコ蝶々さんを、本名の日向鈴子として描く、昼ドラならではの“おんなの一代記”。脚本は大石静氏、主題歌は松任谷由実が務める。今回の大抜てきに映美は「大石先生の脚本のもと、ミヤコ蝶々さんという女の半生を演じられることは役者としてこの上ない喜びです」と熱く意気込んでいる。 1964年5月にスタートした同枠の昼ドラは来年48年目に突入。193作目となる同作は、フィクション部分を含め、これまで舞台、ドラマ化されてきたミヤコ蝶々さんの生きざまとともに、素顔の“日向鈴子像”を描くことにも挑戦。上方漫才、女優として活躍し、富も名声も得たミヤコさん。一方で恋をし、人を愛するもいつも彼女には悲しい別れが待っていた。激動の昭和の時代に生涯に渡り愛を求め続け、2010年に80歳で亡くなった波乱万丈の人生を描く。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索