ドラマ&映画 カテゴリ

剛力彩芽、日中合作アニメ映画『マクダルのカンフーようちえん』で声優初挑戦

 雑誌『SEVENTEEN』専属モデルで女優の剛力彩芽が18日、都内のスタジオでアニメ映画『マクダルのカンフーようちえん』(2012年夏公開)のアフレコを行った。剛力は、ヒロインで“うし”のメイ役に抜てきされ、今回がアニメ映画の声優初挑戦。「声だけで表現することのむずかしさを実感しました。でも、とても楽しかったです。“メイちゃん”は幼稚園に通うちょっとおませな女の子。初心に戻る、というか、純粋で素直な女の子のイメージで演じるように心がけました。世話好きなところがわたしと似ている」と感想を述べていた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、絵本から生まれたかわいい“こぶた”のマクダルが主人公のアニメ映画シリーズ第4作目。1990年代にテレビアニメ『春田花花幼稚園 マクダルとマグマグ』が香港で大人気になり、マクダルは日本でいう「キティちゃん」「ドラえもん」クラスの国民的キャラクターに。創作者のブライアン・ツェー(原作)、アリス・マク(原画)は「香港の宮崎駿」と言われているほど、中華圏で絶大な人気を誇る。

 日本では、2006年に映画第2作目『マクダル パイナップルパン王子』が公開されて以来の新作公開となる。また、マクダルは“こぶたタレント”として、日本で活動を始めるのにあたり、剛力と同じオスカープロモーションに“所属”することも決まった。剛力は「すごく愛らしいキャラクターなので日本でも人気が出るんじゃないかな」とさっそく“後輩”の世話をやいていた。

関連写真

  • アニメ映画『マクダルのカンフーようちえん』で声優に初挑戦した剛力彩芽
  • 香港の国民的人気キャラクター“こぶた”のマクダルと“うし”のメイ
  •  映画『マクダルのカンフーようちえん』(2012年夏公開)で“うし”のメイの声優を務める剛力彩芽

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索