• ホーム
  • 映画
  • 【映画動員ランキング】『探偵はBARにいる』が初登場1位 北海道で都内を超える集客も

【映画動員ランキング】『探偵はBARにいる』が初登場1位 北海道で都内を超える集客も

興行通信社による9月10、11日の全国映画動員ランキングは、全国251スクリーンで10日に封切られた『探偵はBARにいる』(橋本一監督)が初登場首位を獲得した。同作は東直己原作のハードボイルドミステリーの「ススキノ探偵シリーズ」の映画化。北海道を舞台に、探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)が不可解な事件に巻き込まれ、奔走する物語。初日2日間成績は動員12万8800人、興行収入1億7021万6900円。同作のロケ地でもあり、主演の大泉の出身地でもある北海道内では、都内の主要劇場を超える集客をあげた劇場もあるほど、“ご当地”で盛り上がりを見せている。

配給の東映によると「大泉洋・松田龍平の...

この記事の画像

  • 故郷の北海道での映画主演作を初登場1位で飾った大泉洋(右)と共演の松田龍平(左)(C)2011「探偵はBARにいる」製作委員会
  • 撮影は今年2月。いちばん寒い時期に、アクションシーンも多い超ハードな現場だった(C)2011「探偵はBARにいる」製作委員会

オリコントピックス