• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 女性“イカ画家”が感じる魅力とこだわり「艶めかしさといかがわしさが共存」

女性“イカ画家”が感じる魅力とこだわり「艶めかしさといかがわしさが共存」

 アオリイカの美しさに魅了されて以来、イカそのものを画材にもしながらイカの美を追求してきた“イカ画家”の宮内裕賀氏。そんな彼女の作品「イカトカイ」は、東京ミッドタウンで開催されたアートコンペティション『TOKYO MIDTOWN AWARD 2019』で準グランプリを獲得するなど、世間の高い評価を受けている。ひたすらイカだけを描き続けている宮内氏に、イカの魅力やそのこだわりを聞いた。

地球外生物のような美しさにひと目惚れ

――イカを題材に描こうと思ったきっかけを教えてください。
宮内裕賀2004年ごろに実家の鹿児島県大隅半島に帰ったとき、近所のおじさんが持ってきてくれた、釣りたてのアオリイカを見たのがきっかけです。それまでイカは食材としてしか認識していなかったのですが、そのときのアオリイカがあまりにも美しくて……。目が大きくて、色素胞の動きで体色がチカチカ明滅するように見えて不思議でした。地球外生物のような感じがしました。しかも、お刺身で食べたらとても美味しいんです。

――そこから絵の題材にしようと?
宮内裕賀ちょうどその時期にウェブデザイナーの勉強をしていたのですが、油絵を公募に出す課題でモチーフを探していて、描いてみようと思い立ちました。油絵でイカの作品をつくると、それまでにないしっくりくる感じがあり、それからイカばかりを題材にするようになりました。でも、描いていくうちに、多くの人が「なんでイカを描くの?」と聞いてくるんです。犬や猫を描いても、そうは聞かれないですよね。私がイカに対して感じている魅力が、ほかの人にはわからないんだと実感して、その差を埋めたいという気持ちも強かったです。
――イカと出会ったことで、絵の描き方は変わっていった?
宮内裕賀 出会う前は基本的には油絵をやっていたのですが、イカを描くようになってからは、イカ墨を画材に取り入れています。墨を使うと水墨画になるので、自然と日本画への興味も沸いてきました。

――画材としてイカ墨を使うようになったきっかけは?
宮内裕賀 イカを解剖して、臓器などを観察することで、イカがどのように生きてきたかを調べていたんです。そのとき、誤ってイカ墨の袋を破ってしまったら、黒い墨が出てきて……。真っ黒になってしまったのですが、すごく力強さを感じて、イカ墨を使ってイカの絵を描けないかと考えました。ただ、真っ黒ではないんです。だんだん褐色に変化して、セピア色みたいになります。レオナルド・ダ・ヴィンチのイタリアのルネサンス期は、普通にインクとしてイカ墨が使われていたそうです。セピアという言葉は、イカ墨という意味ですからね。

イカ墨、コウイカの甲、ケンサキイカの水晶体を画材に使用

――イカ墨のほかにも、コウイカの甲や、ケンサキイカの水晶体なども画材として使用されています。
宮内裕賀イカは、貝から進化したと学術的には言われているのですが、その名残が甲です。日本画に使う白い絵の具は貝殻で作られているので、イカの甲も使えるのではないかと考えて、粉末にして絵の具にしました。ただ、どれぐらい粒子を細かくするかで発色が変わるので、調整はとても難しいです。
――ケンサキイカの水晶体は?
宮内裕賀キラキラしたビーズみたいなもので、装飾用途で使っています。ラメのような感じを出すために、細かく砕いて全体に塗るなどします。ほかには、いまキャンバスもイカにできないか試行錯誤しているんです。でも、乾燥させると香りが残ってしまったり、カビが生えてしまったりして劣化するので、なかなか難しい。

――イカの絵を描くうえで、イカを画材に使うことによる効果というのは表れているのでしょうか。
宮内裕賀材料の調達はもちろん、甲を粒子にする作業などはすごく手間がかかります。それで描きあげても、イカを使ったからこそ……という部分は正直出ているかわかりません。自己満足だと思います。でも描いているときは、イカそのものを使っているという念を込めて、画材を大切にしているので、その部分が絵ににじみ出ているのかなという気持ちはあります。

提供元: コンフィデンス

タグ

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索