ドラマ&映画 カテゴリ

桜井ユキ、30代で築いた独自の女優論「流されるまま生きていきたい」

――桜井さんは以前、「昔の自分は人の目を気にしていて、それが吹っ切れたタイミングがありました」と語っていました。今回の遠藤愛という役に通じるものがありますが、いかがでしたか?
桜井 人と対峙してもうまく乗り切るすべというか、間違った処世術が身についてしまって、それを息苦しく感じるようになった。私がこの仕事を始めた時に、今までの自分は通用しないと思うようになりました。そのときから自分のなかにある不要なものを捨てるようになって。だから愛の気持ちが少し理解できます。

――自分のなかにあるものを脱ぎ捨てるのに時間がかかりましたか?
桜井 そうですね。お芝居を始めた当初に言われたことで、それは私自身も感じていたことでもありました。自分自身がその言葉を認めてしまったから、その鎧を脱いでいかないとさらに違和感を感じる。鎧を脱ぐことで楽になりましたが、力を抜きすぎて全くといっていいほど愛想を振りまかなくなって。そうしたら今度は、「感じが悪い」と言われて(笑)。

――何でも全力になるタイプなんですね。
桜井 ゼロか百かどちらかで(笑)、時には中間が大切だなと学びました。

――今回主演を演じましたが、今後チャレンジしたいことはありますか?
桜井 明確にありますが、あまり言葉に出さないようにしています。今回の遠藤愛という役もそうですが、自分の想像を超えた役をいただけるのが面白いです。最近になってそういう機会が増えているので、今を楽しむことがこの先につながると思っています。いい意味で流されるまま生きていきたいと。

――では30代は、どのように過ごしたいですか?
桜井 漠然とですが、結婚出産は30代で経験したいと思っています。妻・母親になった時に、多分私自身の色も変わってくると思っています。年齢を重ねていく上でずっと同じでいることは難しいので、変化を楽しんでいきたい。私にとって30代は、変化の歳になると思っています。結婚も同じで波に乗れるか乗れないか、それぐらいの大きな流れに乗って、流れに身を任せられたら。

――その流れもゼロか百かということですかね。
桜井 はい。乗れるか乗れないかのどちらかですね。中間取るのが苦手なので(笑)。

(写真/逢坂聡)

提供元: コンフィデンス

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索