• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 低予算&アイデア勝負のテレ東・深夜番組ハリウッドリメイクの舞台裏に“J-CREATION”

低予算&アイデア勝負のテレ東・深夜番組ハリウッドリメイクの舞台裏に“J-CREATION”

 テレビ東京系で深夜帯に放送されたJホラードラマ『デッドストック〜未知への挑戦〜』と最弱ゾンビドラマ『玉川区役所 OF THE DEAD』の2本がアメリカでリメイク化に向けて動き出している。低予算、アイデア勝負のテレ東ドラマ群がハリウッドのメジャースタジオの目に留まった背景には、日本IPの世界展開を手がける「J-CREATION」の動きがある。

ハリウッドメジャースタジオと米国版を企画開発

Jホラードラマ『デッドストック〜未知への挑戦〜』

Jホラードラマ『デッドストック〜未知への挑戦〜』

『リング』『呪怨』などJホラー映画がアメリカでリメイクされるケースはこれまでにもあったが、日本の連続ドラマがアメリカで放送、配信されたことは未だかつてない。そんななか、テレ東の深夜ドラマ2作品がハリウッドのメジャースタジオであるソニー・ピクチャーズ・テレビジョン(SPT)とライオンズゲート・テレビジョン(LGT)の2社それぞれとリメイクオプション契約を結ぶに至った。

 この契約が成立したことで、『デッドストック』はSPT、『玉川区役所』はLGTによる米リメイク版を一定期間独占的に企画開発されることが約束された。現在、アメリカ4大ネットワークをはじめ、アメリカ大手放送局、配信会社各社に売り込むため、それぞれ米国版のキャラクターや脚本づくりが進められている。

 今回、日本IPのハリウッド進出を目指し、アミューズグループUSA(アミューズUSA)が2016年に立ち上げたプロジェクト「J-CREATION」を通じて契約が成立した背景がある。このリメイクについて、アミューズUSAのビジネスディベロップメントディレクター・朽網泰匡氏に聞くと、「日本のTVドラマが、メジャースタジオの実績のあるプロデューサーとチームを組んだいわばお墨付きの作品ということで、ピッチ(プレゼンテーション)先であるアメリカ大手放送・配信企業の日本IPおよびJ-CREAIONに対する興味度合いは非常に高い」という。

 それもそのはず、『デッドストック』に関しては、日本のオリジナルの企画当初からハリウッド進出を狙い、テレビ東京とアミューズUSAチーム、脚本家の三宅隆太氏、加藤淳也氏が、戦略的に脚本開発を行い、作り上げていった作品だった。

コンセプトやアイデアが評価される未着手IPの可能性

最弱ゾンビドラマ『玉川区役所 OF THE DEAD』

最弱ゾンビドラマ『玉川区役所 OF THE DEAD』

『デッドストック』プロデューサーを兼任する、テレビ東京コンテンツ事業局海外ビジネス部の北村圭氏は「アメリカでリメイクされるドラマづくりに挑戦したいと思っていました」と当初の想いを語る。

 ジャンルをホラーに絞り、テレビ東京で数々のヒットドラマを生み出す制作部の五箇公貴プロデューサーに声をかけ、脚本家陣とともに企画開発をスタートさせた。そして、アミューズUSAチームから「怖さだけでなく、アメリカ人は理由を求める。主人公の成長を描くことで共感が得られ、キャラクターにファンが付く」というアドバイスを受け、脚本が作られた。

「日本的ホラーの良さがなくなってしまうという議論もありましたが、海外販売が最大の目的。調整を重ねてストーリーづくりに時間をかけました」(北村氏)

 完成した日本オリジナル版は2017年7月クールに放送され、米国版は『DEAD STOCK』のタイトルで前述の通り企画開発中だ。テレビ東京とアミューズUSAはエグゼクティブ・プロデューサーとして参加している。

 一方、『玉川区役所』は、「ゾンビ」が日常化する近未来の日本を舞台にした新感覚エンタテインメントとして2014年10月クールに放送されたもの。ゾンビドラマの最高峰である『ウォーキング・デッド』が最強ゾンビならば、こちらは最弱ゾンビ。それがかえって「ゾンビが脅威ではなくなった世界が斬新」と評価され、ゾンビコンテンツ本場のアメリカに逆輸入されることになった。

 現在、『OFFICE OF THE DEAD』の米版タイトルで Feigco Entertainment、アミューズUSA、そしてライオンズゲートの手によって企画開発が進んでいる。世界的なゾンビブームに乗っかっていく日も夢ではない。これまで50以上の日本IPを紹介してきたアミューズUSAも、その可能性に賭けている。

「作品規模ではなく、そのコンセプトやアイデアが評価されていることが未着手の知財ビジネスの大きな可能性を示唆しているように思います。今後も多くの日本企業とタッグを組み、グルーバル展開に貢献したい」(朽網氏)。テレ東深夜ドラマのアメリカ進出実現を目指すその意気込みには、不死の覚悟があるようだ。
(文/長谷川朋子)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年7月15日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年7月15日号

<COVER STORY>
VERBAL(アーティスト)
海外アーティストとのコラボは、
本人と直でつながっていることが大切

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍 月間マーケットレポート6月度
アルバムヒットが貢献 オーディオ前年同月比138.3%

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!