アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 【YouTubeチャート】米津玄師、あいみょん、DAOKO TOP10内で前週比アップ

【YouTubeチャート】米津玄師、あいみょん、DAOKO TOP10内で前週比アップ

週間楽曲ランキング
あいみょん、TOP5内に2曲登場 紅白出場から再生回数上昇傾向続く

 1月4日からの集計となる今週は、前週からの紅白出場アーティストたちの勢いが衰えず、1〜4位が変動なし。1位の米津玄師「Lemon」は、前週比10.4%増の1046.3万再生を記録した。

 今週もっとも好調だったのが、あいみょん。「今夜このまま」が前週6位から5位へランクアップし、TOP5に2曲をランクイン。4位の「マリーゴールド」は前週比25.6%増とTOP20内でもっとも伸び率が高かっただけでなく、13位「愛を伝えたいだとか」が前週比18.5%増、14位「君はロックを聴かない」は前週比17.1%と、いずれも注目すべき大きな伸びを見せている。
 また、15位にはバルーンの「シャルル(self cover)」がTOP100圏外からランクインした。バルーンは、シンガー・ソングライターの須田景凪が2013年より活動しているボカロPの名義。2016年リリースのヒット曲「シャルル」MVは、すでに累計再生2000万回を突破している。1月16日にリリースするEP「teeter」のクロスフェード動画が1月7日から公開され、同曲へのアクセスも増加しているようだ。

週間アーティストランキング
米津玄師、あいみょん、DAOKO TOP10内で前週比アップした3組

 今週も米津玄師が前週比10.3%増の2801.1万再生と、2位以下を大きく引き離す圧倒的な再生回数で1位をキープした。

 一方、『NHK紅白歌合戦』ほか年末年始の音楽番組出演を経て注目度を急上昇させているあいみょんが、820.5万再生で前週4位から2位へランクアップ。前週比は16.3%増とTOP20内でもっとも大きい伸び率を示している。
 米津、あいみょんのほか、TOP10内で前週比プラスになったのは、11.6%増の278.9万再生で前週13位から8位とTOP10入りしたDAOKO。初出場した『NHK紅白歌合戦』で歌唱したDAOKO×米津玄師「打上花火」のほか、DAOKO × 中田ヤスタカ「ぼくらのネットワーク」などが再生回数を伸ばしている。

【ランキング説明】
『楽曲ランキング』※YouTubeで最も再生された曲
「楽曲ランキング」は、YouTubeで再生された同じ楽曲の様々なバージョンの合計再生回数を集計し生成されるもの。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、歌詞動画などの公式コンテンツの再生回数が集計されている。なお、「楽曲ランキング」には、YouTubeにおける視聴者の傾向、およびアーティストがYouTubeで音楽を共有する様々な方法が反映されている。
※日本時間・毎週月曜日更新。

『アーティストランキング』※YouTubeで人気のアーティスト
「アーティストランキング」は、アーティストによる音楽関連動画全体の合計再生回数に基づいて生成されるチャート。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、公式ライブパフォーマンス、リミックス、歌詞動画、アルバムトラック、コラボレーションなどの再生回数がチャートに反映されている。
※日本時間・毎週月曜日更新

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年2月25日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年2月25日号

<COVER STORY>
亀田誠治氏(音楽プロデューサー/ベーシスト)
「いろいろな世代をつないでいきながら
“本物の音楽”を継承していきたい」

<SPECIAL ISSUE>
不正高額転売対策の足がかりとなる
電子チケットサービスの最新動向

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!