• ホーム
  • 芸能
  • 『半分、青い。』高視聴率、低満足度から脱却 最終章で満足度も急上昇

『半分、青い。』高視聴率、低満足度から脱却 最終章で満足度も急上昇

 NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』の視聴率が好調だ。全156回中、120回(第20週)までが終わり、週平均視聴率が20%を割ったのは4週のみ。ツイッターなどSNSでの話題性は高く、脚本の北川悦吏子氏の予告ツイートもそのつど盛り上がりを見せ、第7週以降は20%超えをキープし続けている。一見、絶好調なようだが、内容の評価はというと、SNSでも賛否両論の声が上がっているほか、『コンフィデンス誌』の「オリコンドラマバリュー」満足度調査では、必ずしも良い評価ばかりではない。放送開始からこれまでの満足度推移を追ってみる。

視聴率と視聴者の満足度が半年を通して高かった『あさが来た』

 朝ドラが8時スタートになった2010年からで、もっとも全話平均視聴率が高かったのは、2015年下半期の『あさが来た』(23.5%)。幕末から明治にかけての時代における、日本最初の女子大学校を設立した京都の豪商の次女・あさを波留が演じ、脚本の大森美香氏が描いた、“働く妻とそれを応援する夫”“金儲けとは違う仕事の意義”は、広く朝ドラ視聴者層の共感を受け、半年を通して高視聴率をマークし続けた。

 同作は、「ドラマバリュー」満足度でも放送開始から7週目まで上昇を続け、その後も高ポイントを最終回までキープし、理想的な推移を示している。全話平均ポイントは89.2ptとなり、視聴率と視聴者の満足度が物語全体としてともに高く、名作と呼べる作品となった。

視聴率の高さに満足度が伴わない期間がある『半分、青い。』

 一方、『半分、青い。』は視聴率の高さに満足度が伴わない期間がある。視聴率を見ると、第1〜2週で20%台に乗せているものの、その後の第7週まで18〜19%を推移。以降、第8〜10週まで20%台、その後は21%台をキープ。中盤以降、終盤に差し掛かる現在まで、好調を維持してきている。

 ところが満足度では、放送開始から第6週まで上昇したあと、週によって変動はあるもののほぼ同水準で高ポイントをキープ。ここまでは『あさが来た』と近い推移なのだが、『半分、青い。』は第15週から下降をはじめ、第18週まで下がり続けている。

 朝ドラの半年間の放送のなかでは、人気作であっても週ごとに満足度が上下することはよくある。評価の高かった『ひよっこ』(全話平均視聴率20.4%/全話平均ポイント77.7pt)も、全体のポイントグラフ曲線として見れば右肩上がりだが、そのなかの週によっては上下動が見て取れる。そうしたなかにおいても『半分、青い。』の4週にわたる急激な下降は珍しいケースになる。

 しかし、その期間も視聴率はそれまでとほぼ変わらない21%台と高い水準をキープしており、好調が続いているように見えるが、実は満足度は低下しているという現象が起きていた。時を同じくして、SNSなどでも賛否の声が沸き起こっている。

満足度に左右されない朝ドラ枠の視聴習慣の強さ

『半分、青い。』は、物語が大きく4つのエピソードで分けられている。第1〜6週が「岐阜・故郷編」、第7〜14週が「東京・胸騒ぎ編」、第15〜18週が「人生・怒涛編」、そして現在は19週から最終回までの“岐阜出戻り”の最後のエピソードに入っている。満足度グラフ曲線と合わせると、まさに「人生・怒涛編」でポイントを下げていることがわかる。そして、最後のエピソードに入った第19週からは、再び上昇曲線を描いているのだ。

「人生・怒涛編」は、漫画家を辞めた主人公の鈴愛(永野芽郁)が、東京の100円ショップで働きながら、映画監督を目指す涼次(間宮祥太朗)と出会い、恋に落ち、結婚し、出産を経て離婚にいきつく、まさに怒涛の人生を歩んだ期間を描いている。好評だった前編「東京・胸騒ぎ編」では、鈴愛が漫画家として成功するまでの苦闘を、強い絆で結ばれていく仲間たちとの友情や師弟関係が温かく描かれ、秋風羽織(豊川悦司)ら名物キャラクターも人気を博していた。

 そこからの新展開となり、周囲の登場人物も一変した「人生・怒涛編」は、前半のスローペースな進行による停滞感や、後半の結婚、出産、離婚までの展開における好青年だった涼次の翻意と決断や、エキセントリックな鈴愛の言動など視聴者が共感できない部分もあり、ストーリーに置いていかれていたところがあったようだ。しかし、満足度は目に見えて下がっていても、視聴率は変わらない。朝ドラという枠の視聴習慣の根強さとともに、それまでの物語や登場人物の魅力に惹き込まれている朝ドラ視聴者層の心をしっかりと掴んでいることが示された。

ラストスパートのさらなる満足度上昇へ高まる期待

 そんな視聴者層の期待に応えるかのように、最終章のエピソードでは、離婚して岐阜の実家に出戻った鈴愛と、お互いに淡い想いはありながらもこれまで絶妙にすれ違い続けてきた律(佐藤健)との物語が再開。同エピソードに入った第19、20週と満足度ポイントは上昇カーブを描きはじめている。

 これまでの朝ドラでも、最終回に向けての話の盛り上がりとともに満足度も上昇し、ラストは最高ポイントで終わることも少なくない。前出の『あさが来た』と『ひよっこ』の最終話ポイントは、それぞれ93ptと86pt。SNSでの話題性は高く、中盤まで高い評価を受けていた『半分、青い。』は、ここまでの巧みなストーリー展開から、鈴愛と律の関係性の結末に誰もが目を離せなくなっていることだろう。俄然ハッピーエンドへの期待も高まっている。これからのラストスパートでのさらなる満足度の急上昇が大いに期待できる。
(視聴率はビデオリサーチ調べ【関東地区】より)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年9月17日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年9月17日号

<COVER STORY>
美藤宏一郎氏(エムアップ 代表取締役)
私たちは目標を持つ会社。
達成すべき目標を粛々と実現していくことが使命

<SPECIAL ISSUE>
月間マーケットレポート8月度
「音楽」ジャンルが急伸長 映像作品市場を検証

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!