アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 民放連ドラ“最年少”Pのこだわり「ゆとり世代の象徴、欠けている人の物語を作る」

民放連ドラ“最年少”Pのこだわり「ゆとり世代の象徴、欠けている人の物語を作る」

テッペン!水ドラ!!『3人のパパ』

入社3年目、24歳にして連続ドラマ『3人のパパ』を初プロデュース。ドラマを作りたくてTBSに入社し、民放連ドラ“最年少”プロデューサーになるであろう松本友香氏に、10〜20代の視聴者に向けた制作のこだわりと熱いドラマ愛を聞いた。

自分の世代“ゆとり・さとり”の社会からの誤解と現実を描きたい

  • TBSテレビ 制作局 ドラマ制作部 松本友香プロデューサー

    TBSテレビ 制作局 ドラマ制作部 松本友香プロデューサー/Profile:1992年6月14日生まれ。京都府出身。上智大学文学部新聞学科卒業後、15年にTBSテレビ入社。同年10月制作局ドラマ制作部に配属。『わたしを離さないで』『逃げるは恥だが役に立つ』で演出補を、『99.9−刑事専門弁護士−』でプロデューサー補を務めた。

 ひょんなことから赤ちゃんを育てることになった3人の若者が、子育てを通して成長する姿を描いたハートフルコメディ『3人のパパ』。TBSにおいても異例の抜擢となった松本氏の初プロデュースのきっかけは、同枠が持つコンセプトにもあった。

「一昨年の10月からスタートした『テッペン!水ドラ!!』は、TBSの若手育成枠でもあり、企画コンペがあるんです。今作は私にとって2回目に提出した企画でした。まずはテーマ『3人の若手俳優を題材にした企画』があり、それに対して、自分が好きだったCX系『人にやさしく』(02年)を、私の世代である“ゆとり・さとり世代”を象徴する、欠けている人の物語として落とし込めないかと考え、企画しました。この世代は『物欲がない』『人間関係が希薄』などとよく言われます。ですが社会からの誤解も多分にあります。そういう部分のリアルを映しながら、その世代の3人が命の象徴である赤ちゃんを育て、成長していく物語にしました。大学生の頃から作っていた企画のストックのなかの1つなのですが、作品として伝えたいテーマでした」(松本友香氏/以下同)

 これまでに松本氏が経験したのはADが2回、APが1回。経験不足は否めない。そんな個人的なネットワークもほとんどないなかで、キャスト、スタッフの人選には「自分の最初の作品。原作ものではなくてオリジナルだし、自分の考えを共有できる人たちとやりたい」とこだわった。

「主演の堀井新太さん、山田裕貴さん、三津谷亮さんをはじめ、メインに同世代を配役しました。同じ時代を生きているので感性が近く、意図をしっかりと汲んでもらえると考えて。主題歌も同年代のKEYTALKさん。台本を読み込んで初のドラマ主題歌を書き下ろしてくださいました。疾走感をプラスしながら、物語に温かみも与えてくれます。脚本は第25回フジテレビヤングシナリオ大賞受賞者で29歳の小山正太さんに依頼しました。ダメな男の人を独特の感性で描かれる方です」

社会的なメッセージを伝えるテレビドラマの力を信じている

 こうしてリアルな若者を描くドラマ作りがスタート。制作過程では、「#(ハッシュタグ)」や「LINE」をはじめ、今の若者が実際に使用する言葉選びなどの演出にもこだわった。一方、広報戦略としては、昨今あまり見られなくなった「NG集」を予告動画と合わせてドラマオンエアに先行してYouTubeにアップするという新たな試みも行っている。そして、プロデューサーとして最初のドラマの放送が始まった。

「視聴率に関しては、この枠は大きく変動することもないので過去の平均点くらいでした。まあよかったです。これがゴールデン初作品だったらもっと意識するかもしれませんが(笑)。それよりもSNSなどネットの反応はすごく気になります。好意的なコメントが多くて安心しましたが、逆に厳しい声をいただくほうが勉強になりますし、賛否両論あるほうがいいドラマとも思います。今作を経て、制作費やキャストがどうよりも『内容そのもので勝負したい』という思いを新たにしました」

 初プロデュース作品を放ち、松本氏の幼少期からの夢でもあった「ドラマを作りたい」想いはさらに加熱。実は8歳の頃から、ドラマに携わる仕事に就く計画を立て始めており、上京、インターンと1つずつ実現。TBS入社が叶ったという経歴を持つ。そんな1本、筋が通った松本氏の目標は、ゴールデンタイムで放送されるドラマのプロデュースだ。

「テレビ局は報道機関でもあります。私はドラマを一種の報道と捉え、社会に感じる疑問など社会的なメッセージを込めた作品を送りたいと考えています。ネット時代ではありますが、テレビはいまだ大きな影響力を持っていると信じています。テレビの力、ドラマの力を信じ、今後も制作に携わっていきたいです」

 尊敬するプロデューサーは磯山晶氏と瀬戸口克陽氏。「磯山さんのように脚本家との最強タッグでドラマを作るスタイルに憧れる」と話す松本氏のデビュー作をまずは堪能したい。
(文:衣輪晋一 / コンフィデンス 5月8日号掲載)
テッペン!水ドラ!!『3人のパパ』
TBS 毎週水曜23:56〜
出演:堀井新太、山田裕貴、三津谷亮、松井愛莉、相楽 樹/濱田マリ
【公式サイト】(外部サイト)

提供元: コンフィデンス

タグ

【最新号】コンフィデンス 2018年12月3日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年12月3日号

<COVER STORY>
仲條亮子氏(グーグル合同会社 執行役員 YouTube 日本代表)
「広告だけでなく、あらゆるマネタイズ方法と
連携することがYouTubeの強み」

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍でビッグヒット登場!
2018年エンタテインメントシーン総まとめ

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!