• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム(ORICON NEWS)
  • 芸能 TOP
  • 麒麟・田村裕が語るコンビ解散の危機、今でも川島への思いは“嫉妬99%”「『ラヴィット!』も「くそったれ」と思って見てます」

麒麟・田村裕が語るコンビ解散の危機、今でも川島への思いは“嫉妬99%”「『ラヴィット!』も「くそったれ」と思って見てます」

 1999年にお笑いコンビ・麒麟を結成し、2007年に自伝『ホームレス中学生』がベストセラーとなった田村裕。映画・ドラマ・漫画・絵本などメディアミックス化され、麒麟としても田村にフィーチャーした仕事が急増した。しかしその後、徐々に川島が注目され始め、いまやコンビ格差は歴然。現在の田村は『探偵!ナイトスクープ』などに出演しながら、YouTubeでバスケ動画を発信している。ほとんどコンビ活動がなくなった今、どのような想いで川島を見ているのか直撃した。

デビュー当時は“うさぎ”メンタルだった麒麟、ブレイクは「全部、自分の力と思っていた」

――まずは、改めて相方の川島明さんとの出会いからお願いします。

田村裕 ほんと恥ずかしい話なのですが、NSC時代、なめられたくない世間知らずだったので、僕が「コンビ組んだろか?」と上から目線で声をかけたのがきっかけです。ちょうど「今日から相方を探そう」と思っていた日、川島がネタをやっていたのを見て。当時からしっかりフリが効いて起承転結、オチまでがきれいで、「これはチャンスだ」と。マウントを取るような姿勢で声がけしました。

――では、当時の田村さんは割とイケイケだった?

田村裕 僕はクラスで人気者というか、わーっていうタイプ。おもしろい人がいたら声をかけたいタイプだったんですが、当時は先輩が怖くて(笑)。フットボールアワーの後藤さんも尖りまくっていたし、喫茶店の一番奥に『北斗の拳』のラオウみたいなデカイ人がおるなと思ったら千原せいじさんだったり。中川家の礼二さんも「おもろい事言えんのやったら喋るな」みたいな雰囲気がありましたね。で、川島も超人見知りのところがあり、僕らは小動物そのものでした。コンビ名こそ「麒麟」ですが、心は「うさぎ」ですよ。まあ、今となって川島は『ラヴィット!』のMCですが(笑)。
――川島さんは当時から“ラヴィット”だったんですね(笑)。

田村裕 NSCの卒業公演での初舞台、川島は緊張しすぎて、僕の後ろに立ってましたから(笑)。背後霊みたいな二人羽織漫才になっちゃって…。あと、初期の漫才見てもろたら分かるんですが、川島はお客さんを見るのが怖くて目を細めているんですよ。目が開いていてもコンタクト入れてなかったりとか、客席を見ないよう。で、徐々に背後霊から斜め後ろ、少しずつ真横に近づいていった感じです(笑)。

――いつ頃から手応えを感じ始めました?

田村裕 2001年の第1回『M-1グランプリ』は最初ダークホースで運だけで出してもらって。2年目に落ちて、そこからプロになっていった感じですね。2001年の段階から、もしかしたら川島はもうすでに完成形に近い形だったかもしれません。それでも当時の僕は「全部、自分の力や」と思っていて、川島が次々と爪痕を遺してくれて、いろんなことが見えてきてやっと気付かされました。川島はすごいヤツやったんやな、と。

『ホームレス中学生』ヒットから15年…「あれで川島の人気が出るのが遅れてしまった」

――その後、2007年に自伝『ホームレス中学生』が大ヒット。ご自身であの人気は「ドーピングだった」と以前お話されていましたが、当時の状況はどうだったのですか?

田村裕 麒麟という立場で言うと、すべてが逆転してしまうぐらいいきなり僕にスポットライトが当たってしまっていたので、川島の中では面白くなかったでしょうね。ずっと自分のペースでやってきたものがすべて狂って、で、僕もネタに口をはさみ出したりして、鬱陶しかったと思います。それでもね、川島は折れてくれていました。『M-1』のラストイヤーでも、僕がリードしてああしようこうしようと。ネタを考えたのは川島だったんですけど、結局結果が出なかった。そういう失敗を重ねて今があります。

――片方が急に売れると、やはりコンビのバランスが崩れてしまうんですかね。

田村裕 僕も芸人として目立てるなら目立ちたいと思ってましたから。「ほら、俺だってできることあるやろ」みたいな。でも徐々にコンビ仲が悪化して、楽屋が別はもちろん、飛行機の席も隣だったらわざわざ別の席を予約し直したり。『ホームレス中学生』のせいで、本来実力のある川島の人気が出るのがだいぶ遅れてしまったと思いますね。
――それでも解散することはなかったのですね。

田村裕 実はNSC時代に、2回危機があったんですよ。川島は本当に解散しようって言おうと決めてたらしいんですけど、僕がそれを察して、「多分俺じゃあかんよな。お前の才能を活かしきれへんかもしれんから、解散なら解散って言ってな」って電話したこともあって。でも川島としては、そう言われたら「そんなことないよ!」と励まさざるを得なくなったみたいで、結局解散を免れ、今に至っているという感じですね。

――そして今では、川島さんはバラエティ界に欠かせないオールラウンダーとして多方面でご活躍されてます。やはり相方としてはうれしいですか?

田村裕 いや、嫉妬99%ですね。『ラヴィット!』も「くそったれ」と思って見てますね(笑)。最初は視聴率低くて叩かれて「ざまあ見ろ」と、本心は。でもやっぱり、朝の情報番組の常識を変えたということで、テレビ界の歴史に遺る偉業やと思うんです。だから川島は、僕が最初から思っていたように「すごい人」やったという確信を改めて得ています。

川島への想いは“嫉妬99%、応援1%”「あいつの素晴らしさは多分、僕が一番知っている」

――田村さんにとって川島さんは、憧れと嫉妬ないまぜの存在なんですね。

田村裕 もともと力関係が10:0で川島なんで、親子みたいな形かもしれません。川島は才能と言ってしまえばそのままなんですけど、努力がしっかりデキる人。頭の整理がめっちゃうまくて、そもそも売れる才能が備わっていた。それは最初からです。デビュー直後も、小籔千豊さんから「返しの的確さが半端やないな」とか、見る人はちゃんと見て認めていた。僕としてはラッキーですよ、一発目に声かけたのがあいつで。僕の『ホームレス中学生』のドーピングがあっても、川島は諦めなかった。そういうアクシデントにも対応できるってすごいですよね。

――心の底では応援を。

田村裕 あいつの邪魔はしたくないですね。嫉妬はあるけど、行けるところまで行ってほしい。あいつの才能、素晴らしさは多分、僕が一番知っています。まあ嫉妬99%、応援1%ですけどね(笑)。僕は僕で自分ができることをやって、周りに喜んでくれる人がいいなという感じで見ています。追い抜いてやりたいとかは思ってないですね。
――現在は、田村さんはYouTubeでバスケ動画を配信されてますよね。川島さんが「週8でバスケしている」と暴露されていました(笑)。

田村裕 一時期は本当にそれくらいやっていたんですけど、自分がYouTuberに向いてないのはよく分かりました。でも、テレビに出ているとお膳立てされて、「俺らが主役やぞ」という気持ちになりますが、YouTubeを始めて、改めてスタッフさんの力があったからだと気付かされました。そういった意味で、ADさん達の気持ちもわかるようになり、今後はスタッフ育成などにも力を注ぎたいです。

――バスケチームのオーナー、バスケスクール、オリジナルブランドまで作られたんだとか。

田村裕 もともとバスケ好きですので、いろいろな方面から業界を盛り上げていきたいですね。あとNHKの『ウワサの保護者会』という番組のゲストに呼んでもらった時に、めちゃくちゃ勉強になったんですよ。そこで育児法を褒められて、クラブハウスでも話をしたら育児に悩んでいる参加者で泣き出す方もいらっしゃったりしたので、もしかしたらこれは自分の得意分野なのかもしれないと。芸人としてはもちろん、今後は夫婦や育児関連の講演にも興味があって、自分のペースで頑張っていけたらと思います。


(取材・文=衣輪晋一)

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索