• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • 「本物じゃないの?」羊毛フェルトで作ったエゾモモンガに驚き、「自然の中だとより生き生きしている」

「本物じゃないの?」羊毛フェルトで作ったエゾモモンガに驚き、「自然の中だとより生き生きしている」

 コロナ禍でおうち時間が増え、ハンドクラフトに目覚める人も増えた昨今。とくに羊毛フェルトは、幅広い世代で人気だ。なかでも、mocomacoさん(@mocomaco_m.felt)がInstagramなどで投稿したエゾモモンガの羊毛フェルト作品には、「本物かと思った」「リアルで可愛い」といった声が集まった。仕事と家事の合間に制作を行っているという彼女。制作や撮影のこだわりを聞いた。

海外からも反響、リアルな可愛さ追求し自然の木の枝で撮影

鹿と猪、羊毛フェルトとは思えないクオリティの高いコラボ作品

――Instagramに投稿された、羊毛フェルトで作ったエゾモモンガは、「本物かと思った」と多くのコメントが集まりました。

「本物の可愛いさに近づけたい一身で制作していたので、それが伝わったのかと思い嬉しかったです。また海外の方からの反応も多くて、エゾモモンガの可愛いさは世界共通なのだと実感しました」

――なぜエゾモモンガを作ろうと?

 「シマエナガのような可愛い動物を作りたくて探していたところ、エゾモモンガが目に留まって。フワフワまん丸でファンタジーな表情にハマり、作ってみたくなりました。制作では、全身に対しての目の大きさや位置のバランスを取ること、手足を作るのが苦手なので、細い指を再現するのが難しかったです」

――撮影も屋外で行うなど、こだわっていますね。

  「『そうそう! こんな風に木の枝にいるよねー』っていう普段のエゾモモンガを表現できたらと思い、本物の木の枝に乗せて撮影してみました」

――これまでの作品にも、自然界や屋外で撮影したものがありましたが。

 「野生動物の作品は、外撮影することが多いです。木々などの自然の中だと、屋内での撮影より作品がより生き生きしているように感じるので。ただ、外撮影で大変なのが、天候、そして一番は人の視線です。通りすがりの方に『何を撮っているんだろう!?』って、不思議な顔をされることがあるので(汗)」

――たしかに、それは気になりますね(笑)。同じく外撮影した作品で、mocomaco’k(mocomaco_k.felt)さんとコラボした、鹿と猪も素晴らしかったです。

 「鹿は私で、猪はk(mocomaco_k.felt)が制作しました。私たちは夫婦なんですが、地元での展示会用に制作したのをきっかけに、コラボも行うようになって。kの作品は、犬猫のリアルな可愛さだけでなく、狼や虎などの野生動物の凛々しさ、かっこ良さが魅力だと思います。

――このような大きな作品を作るのは大変そうですね。

 「ある程度の形になるまで、ひたすら羊毛を差し固めるので、かなりの時間を要します。やり過ぎると肩や手が痛くなることもありますね。このコラボ作品は、完成まで約4ヵ月ほどかかりました。羊毛フェルトの他に樹脂粘土で枝や桜なども制作したので、いつもの作品より時間がかかりました」

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索