ドラマ&映画 カテゴリ

米倉涼子×綾野剛×横浜流星、Netflixシリーズ「新聞記者」インタビュー

”元気で強くてパワフルな米倉涼子”を封印「いい経験になった」「またご一緒したい」

 Netflixにて全世界独占配信中のNetflixシリーズ「新聞記者」(全6話)で主演を務める米倉涼子、共演の綾野剛、横浜流星の3人へのインタビューを実施。米倉は「作品を見て、自分が出てないところで本気で泣いていた自分がいる」と語るほど、本作への自信をのぞかせる。作品に深くかかわった出演者の心に最も響いたものとは?

 本作は、2019年に公開された映画『新聞記者』の制作会社スターサンズとNetflixが共に企画製作したドラマシリーズ。進行形の政治問題やスキャンダルに真正面から切り込み、日本社会を覆う同調圧力、分断、メディアの機能不全などを観客に鋭く突きつけ、日本アカデミー賞最優秀賞主要賞を始め日本中で高い評価と賛否両論を巻き起こした映画『新聞記者』を、新たなキャスト、新たな物語でリブート。ただし、監督は映画版に引き続き、藤井道人が務めた。

 “新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈を米倉、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一役を綾野、そして新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役を横浜が演じた。

――本作について、心に響いたこと、記憶に残りそうなことは?

米倉いろんなことが響き過ぎているから一番は選べないんですが、みんながどんな風に生きていって、どんな風に我慢して、どんな風に夢を見て一歩を踏み出すか、というのを描いた作品だと思います。みんな貫きたいことや言いたいこともあるけど、護らないといけないこともあって、それぞれの我慢がすれ違うこともある。作品を見て、自分が出てないところで本気で泣いていた自分がいる、という不思議な体験もさせていただきました。誰だって何かしらを我慢して、社会は回っているんだなということ改めて感じました。
横浜僕自身も亮と同じで、政治とか世の中の出来事に対して少し他人事な部分があったんですけど、亮は就活をしていく中で変わっていく。松田さんのいる東都新聞の最終面接で「あらゆる出来事に他人事でなく自分事として捉えられる記者になりたいです」と言うんです。そのせりふがすごく響きました。僕自身も自分事として捉えられる大人になりたいと感じましたし、改めていろいろなことを考えるきっかけになりました。
綾野全編を通して学ぶところがたくさんありました。役を生きた僕らでさえもたくさんの気づきを教えていただいたような気がしています。横浜くんが演じる亮と小野花梨さんが演じる繭の若い二人がファミレスで会話するシーン(第6話)は特に響きました。視聴者の皆さんが感情移入しやすいところだと思います。今回の物語のエピローグのようでもあって、ここから始まるんだよな、という感じもあって。いろいろ迷い苦しんだとしても、ここだっていう時が訪れて一歩踏み出せたのなら、それまでの自分のことも全部愛せるんだな、という気づきがありました。
――綾野さんは、藤井組は映画『ヤクザと家族 The Family』(21年)、ドラマ『アバランチ』(21年)に続いて3作目。横浜も映画『青の帰り道』(18年)、短編映画『名もなき一篇・アンナ』(『DIVOC-12』の中の1作、21年)などで藤井組の経験がありましたが、米倉さんは初めてでしたね、いかがでしたか?

米倉藤井監督とお会いするのが初めてで、どういう撮影スタイルなのかわからないまま飛び込んでいって、本当にドキドキしました。スタッフさんも若い方が多く、最年長に近いくらいの年齢なのに引っ張っていけない自分がいて。藤井組のことをよく知っている俳優さんたちを見て、仲良くしてていいな、って現場では嫉妬していました(笑)。

綾野僕が後から合流した時には、“米倉さんの藤井組”ができ上がっていましたよ。さすがだなと思っていました。

米倉本当? 藤井監督がどんな人か知りたいと思って、なるべくそばにいようと思っていたんだけど、やたら「流星」「流星」と言っていたので、そんなに横浜くんのことが好きなの?って思っていました(笑)。無駄話はしない方だけど、質問したことにはすぐに答えてくれる。自分の意見がある。そんな監督に出会えて幸せだなと思いました。

――松田という役を通して、いままでと違う米倉さんを見れたような気がします。

米倉そう見えたのだとしたら、藤井監督や藤井組の皆さんのおかげですね。
――綾野さん、横浜さんは米倉さんと初めて共演されていかがでしたか?

綾野大先輩に失礼かもしれませんが、とてもチャーミングでかわいらしい方だと思いました。人間力がズバ抜けていて、最強です。この作品でご一緒してから、米倉さんがバラエティーに出演していると、つい見ちゃうんですよね(笑)。周りが期待していることもちゃんと受け止めて、応えようとしてくれる姿がたまらなく魅力的です。偏ったところがなくてすごく健全。今回、共演シーンはさほど多くなかったので、これからもっといろいろな作品でご一緒したいです。

横浜僕が米倉さんを見て、感じた気持ちと、ドラマの中の亮が松田さんに憧れる気持ちもリンクしていたというか、この人についていきたい、と思わせてくれる人。僕も共演シーンは多くはなかったので、またご一緒したいです。

米倉ありがとうございます。私としては、今回皆さんが思われる”元気で強くてパワフルな米倉涼子”として我慢した部分も多かったのですが、それもいい経験になったと思います。出来上がった作品は、素晴らしい仕上がりで、これからどうやって生きていこうか、我慢すべきなのかどうなのか、人としての生き方を考え直すような作品になっていると思います。楽しんでいただきたいです。

 Netflixシリーズ「新聞記者」はNetflixにて全世界独占配信中。

監督:藤井道人
出演:米倉涼子
横浜流星/吉岡秀隆 寺島しのぶ/
吹越満 田口トモロヲ 大倉孝二 田中哲司 萩原聖人/
柄本時生 土村芳 小野花梨 橋本じゅん でんでん/
ユースケ・サンタマリア 佐野史郎
/綾野剛
脚本:山田能龍、小寺和久、藤井道人
音楽:岩代太郎
撮影:今村圭佑
照明:平山達弥
録音:根本飛鳥
美術:部谷京子
衣装:宮本まさ江
編集:古川達馬、前田径成
エグゼクティブプロデューサー:坂本和隆、高橋信一
企画・プロデュース:河村光庸
プロデューサー:佐藤順子、山本礼二
製作:Netflix
制作プロダクション:スターサンズ
配信:2022年1月13日(木)配信開始
【Netflix作品ページ】https://www.netflix.com/新聞記者

関連記事






あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索