• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • 「作業工程すっ飛ばしすぎ!」な仏像に反響、元サラリーマン仏師がSNSで発信する理由

「作業工程すっ飛ばしすぎ!」な仏像に反響、元サラリーマン仏師がSNSで発信する理由

 「これをこうしてこう彫ってます!」と、仏像を彫る工程を表したツイートが、7.9万のいいねと集めた。ツイートに貼られていたのは、3枚の写真。仏像の出来はもちろん素晴らしいが、ざっくり彫った木材からいきなり精工な仏様が現れる様子に、「工程すっ飛ばしすぎ!」とのツッコミも。とはいえ、普段なかなか目にする機会のない仏像制作の模様に、興味津々なユーザーが多かった。同ツイートをしたのは、仏師の三浦耀山さん。三浦さんに、SNS発信を行う理由、コロナ禍でインバウンド需要が落ち込む現在の打開策を聞いた。

仏像制作過程に7.9万いいね、「飛躍しすぎ」な写真にツッコミ殺到

 京都を拠点に、仏師(仏像を作ったり、古い仏像を修復する職人)として活躍する三浦耀山さん。もともと、みうらじゅん・いとうせいこうの『見仏記』(みうら、いとうが各地の仏像を鑑賞して著した紀行文シリーズ)のファンで、趣味で仏像巡りをしていたという。「仏像が大好きになって、だんだん彫ってみたくなった」と、それまで勤めていた一般企業を辞めて、1999年に大仏師・渡邊勢山氏に師事。以後13年に渡って、師のもとで仏像彫刻・修理に携わり、2012年に独立。サラリーマンから仏師へと、華麗な転身を遂げている。

――「これをこうしてこう彫ってます!」のツイートが7.9万「いいね」と大きな反響になっていますね。

 「3年ほど前、京都の寺の法要に来たお客さんが、私の作った仏像(ドローン仏)をツイートしてバズったことはありました。でも、自分自身のツイートでバズったのは、これが初めてです。『写真の2枚目から3枚目が飛躍しすぎだろ』というツッコミがありましたが、僕としてもその辺が面白いのかなと(笑)。自分の彫った仏像をいろんな人に観てもらい、『こうして彫ってるんだ』と知ってもらうのは、単純にうれしいですね」

――これはどういった仏像なのでしょうか?

 「観音菩薩像、いわゆる観音様です。技法は寄木造で、材木はヒノキです」

右肩下がりの伝統工芸市場、「どうやって一般に知ってもらうか」を模索

これが空飛ぶドローン仏(写真:町田益宏)

これが空飛ぶドローン仏(写真:町田益宏)

  • 三浦さんの手による釈迦如来坐像 (写真:たかはしじゅんいち)

    三浦さんの手による釈迦如来坐像 (写真:たかはしじゅんいち)

――なぜSNSに投稿されたのですか?

 「やはり、自分の彫った仏様を見てもらい、知ってもらいたいという思いがあって、2〜3年前から彫り上がった仏像をTwitterにアップしていたんです。人に見てもらえばうれしいし、見た方から『欲しい』と注文が入ることもあり、プロモーションとしても機能しています。バズった時の拡散力は、他のSNSと比べてもTwitterはすごいと思います。Instagramもやっていますが、自分はテキストを読むのも好きなので、写真メインのインスタよりもTwitterの方が好きです。今回の『飛躍しすぎだろ』っていうツッコミも、Twitterならではですよね(笑)」

――三浦さんはある記事の中で、「仏像制作で重視するのは、独自性よりも人々が仏様に親しみを持ってくれること」というお話をされていました。そういったお考えがSNS発信にもつながっているのでしょうか?

 「そもそも仏像は、”礼拝の対象”じゃないですか。人々は仏像を通して仏に祈る、いわば仏につなげるものなので、彫った作者が主張してはいけないかなと思うんです。仏に対してすっと手を合わせられるようなものを作る…それが仏師の使命です。このことは、基本的に心掛けています。また、1000年以上昔から続いている伝統的な技法を大事にしたくて、それも発信したいと思っています」

――祈りの対象である仏様だけに、関係者から「SNSに上げるのは不謹慎」とお叱りを受けることはありませんか?

 「SNSは発信のツールとして定着しているので、少し前ならわかりませんが、今はとくにお叱りなどはないですね。今、伝統工芸の市場規模は右肩下がりとなり、パイが小さくなっているので、常に『どうやって一般の方々に知ってもらうか』を模索しています。なので、工芸の世界でSNS発信している人は結構いるんです。特に京都は職人が多い街なので、いろんな分野の職人さんが発信しています。見せ方の上手い職人さんは、何万ものフォロワーさんを抱えていますよ」

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索