• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • おのののか 新しい『本麒麟』を堪能、少しの工夫でさらにおいしく楽しむ秘訣とは?

おのののか 新しい『本麒麟』を堪能、少しの工夫でさらにおいしく楽しむ秘訣とは?

1514

おのののか(撮影/岡田一也) (C)oricon ME inc. 「リキュール(発泡性)1」

 このたび新しい『本麒麟』が味覚とパッケージデザインをリニューアル。東京ドームのビール売り子として売上げNo.1と話題になったタレントのおのののかさんが、いち早く新しい『本麒麟』を体験。グラスによって変わる“味や香りの変化”を飲み比べてもらった。

グラスを変える事で味や香りに変化「本当に全然違う!」

1609

おのののか(撮影/岡田一也) (C)oricon ME inc. 「リキュール(発泡性)1」

――リニューアルした新しい『本麒麟』を実際に飲んでみて、どうでしたか?

おのすごくおいしかったです! ビールのようなコクがあるし、苦味もちゃんと感じられて、私のすごく好きな味でした。“ビール好き”の人も、満足できると思います。

1755

左から、スリム型のグラス、チューリップ型のグラス、ストレート型のグラス(撮影/岡田一也) (C)oricon ME inc. 「リキュール(発泡性)1」

今回は新しい『本麒麟』を試飲するために3種のグラスを用意。
・スリム型のグラス
・チューリップ型のグラス
・ストレート型のグラス

 グラスにはたくさんの種類があり、どんなグラスを選ぶかで“味わい”や“香り”が驚くほど変わってくる。自分の好みに合わせて、飲み比べながら変化を楽しむのもおすすめだ。

――まずはじめに、スリム型のグラスで試飲。いかがですか?

おのはー、おいしい(笑)。このグラスは、コクをしっかり感じることができますね。きめ細かい泡がモフモフと盛り上がっていて“王道の味わい”だと感じました。

――そのグラスは湾曲になっているので、注ぐ時にほんの少し炭酸が飛び、そうなることで一層“コク”を感じることができます。では続いて、より香りを楽しむことができるチューリップ型のグラスはどうですか?

おの本当に味わいが全然違いますね! 飲み口も広いので、鼻を近づけてみると、フワッと爽やかな香りを楽しむことができました。口当たりもすっごく良くって、女性が喜ぶグラスだと感じました。

ーーでは最後にストレート型のグラスはいかがでしょうか?

おのこれはフラットな形をしているので、とにかく飲みやすいです! しっかり苦味も感じることができて、喉越しを楽しめます。お仕事終わりに飲みたいですね。「今日も1日お疲れ様!」って時に、この『本麒麟』の炭酸を感じたいです。これからの暖かい季節に、このグラスは合いそうですね。

ーーお好みのグラスはありましたか?

おの状況とか一緒に楽しむ料理によって、No.1は変わるかなと思いました。最初に飲んだスリム型のグラスは、バランスが良かったです。泡を感じることができたので、グラスに唇をつける瞬間を楽しみたいですね。チューリップ型のグラスはオシャレなバーとか、デートの時とかに飲みたい(笑)。香りも楽しむことができるし、ちょっと上品に味わいたい時にオススメです。私はこれを飲みながらイタリアンを楽しみたいかな。ストレート型のグラスは夏の海沿いのお店とかが似合いそうです。

1652

おのののか(撮影/岡田一也) (C)oricon ME inc. 「リキュール(発泡性)1」

スリム型のグラス「深いコク」を味わえる。何度か注ぎ足しながら、きめ細かい泡がたつように注ぐ。まろやかな口当たりに。
チューリップ型のグラス「爽やかな香り」を感じることができる。グラスに余白を残すように、静かに注ぐ。余白があることで、香りを感じやすい。
ストレート型のグラス「上質な苦み」を味わえる。苦味が泡のほうに逃げてしまわないよう、そっと注ぐ。飲み口が狭いため、のどごしをより感じることができる。

これまでの仕事での”気づき”を糧に「お芝居に挑戦していきたい」

1680

おのののか(撮影/岡田一也) (C)oricon ME inc. 「リキュール(発泡性)1」

――新しい『本麒麟』は今回のリニューアルで、“卓越したうまさ”を目指すため、味や香りなどこだわりを重ねたそうです。おのさんは、芸能活動の傍らビールの売り子さんとしてもご活躍されて話題に。当時のお仕事でのこだわりや、おいしさを提供するために一番気を付けていたことはありますか?

おの工夫していたのはお客さんのビールが飲みたいタイミングとか、おかわりしたいタイミングを逃さないようにしていたことです。階段を下りながら、お客さんのビールの空き具合をチェックして、“もうそろそろかな?”って時はこちらから声をお掛けするようにしていました。

――他には何を大切しながら働いてましたか?

おの笑顔でいることはすごく大事だと思っていました。樽を背負いながら3時間くらいずっと動きっ放しだったので、大変ではあったんですけど、疲れた時こそ笑顔で明るく元気よく接客するように心がけていました。

――今、お仕事をするなかで大切にしているこだわりは?

おの丁寧にお仕事をしながら、その上でしっかり楽しむことですね。バラエティにしても、ラジオ番組にしても、共演者について調べたり、事前に話すことをなんとなくイメージしたり。最近はその意識をより高くしながら、一つ一つを大切に取り組んでいるつもりです。

――リニューアルした新しい『本麒麟』にちなみ、今後あらたに挑戦したいことはありますか?

おのもっとお芝居に挑戦していきたいと思っています。一人で切り盛りするラジオ番組をやらせていただいてる中で、今まで自分の中で気づけなかった“気づき”がありました。そういうのを、お芝居にも活かせたらいいなと思っています。今までファンの方に見せてきた“おのののか”とはまた違う等身大の一面も見せていきたいですね。自分の可能性を広げていきたいです。

1月出荷実績は前年比141%増、本格的なうまさと飲みごたえがアップ

1589

おのののか(撮影/岡田一也) (C)oricon ME inc. 「リキュール(発泡性)1」

 おのさんも「すごくいい香り! ビールのようなコクもあります」と語っていたように、上質な味わいが際立つ新しい『本麒麟』。リニューアルでは現行品よりも大麦の比率を上げ、原材料の配合や煮込み方も工夫。“甘香ばしいコク”と“飲みごたえ”がさらに増強される逸品となった。新ジャンルでありながらも、ビールに近い高品質なおいしさを実現し、2020年1月の出荷実績は前年比約141%増を達成、2020年3月には10億本(※2018年以降の累計出荷数/350ml缶換算)を突破する見込み。

 リニューアルを経て、SNSでも「本麒麟うまい。 これからずっと推す」「コクとうまさが増していた」「スッキリしていて飲みやすい」と反響が。ぜひ実際に新しくなった『本麒麟』を手にとって、味わってみてほしい。

◆新しい『本麒麟』 公式サイトはこちら

おのののか
タレント・女優。1991年12月13日生まれ、東京都出身。A型。「東京ドームのビール売り子No.1」として注目され、数々の雑誌の表紙を飾り、バラエティ番組、ドラマ、CM等で活躍。「RIZIN」(フジテレビ系列)のメインキャスターをはじめ、B.LEAGUEを中心に、高校や大学まで、熱いバスケット情報をお届けするスポーツ番組「水曜バスケ! 」(BS12)のMCを担当。
ラジオ番組「ねるまえのまえ」(TOKYO FM)月曜・火曜のパーソナリティも務める。
公式ブログ https://lineblog.me/ononono_ka/
公式Titter:@nyonyo_ka Instagram:ononono_ka
Sponsored by キリンビール

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

【2020】この春から新生活がはじまるあなたに、おすすめ情報満載♪ ワクワク新生活特集

 を検索