ドラマ&映画 カテゴリ

吉沢亮、「国宝級イケメン」を逆手に取った清々しい“自己肯定”で10年目の躍進

  •  清々しい“自己肯定”で躍進をみせる吉沢亮(C)oricon ME inc.

    清々しい“自己肯定”で躍進をみせる吉沢亮(C)oricon ME inc.

 昨年は映画8本、CM5本に出演し、雑誌『ViVi』(講談社)の「国宝級イケメンランキング」では堂々の1位に選ばれた吉沢亮。コメディ作品のほか、最近では映画『キングダム』の番宣で数多くのバラエティ番組に出演し、抜群のユーモアセンスも発揮。朝ドラ『なつぞら』(NHK総合)では吉沢の初登場シーンはわずか3秒ほどだったが、役名の“天陽くん”がTwitterでトレンド入りするほどの注目っぷりを見せた。これまで映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』、『アオハライド』、『オオカミ少女と黒王子』など数々の話題作に出演するも、どこか2番手のイメージが抜けなかった吉沢が、デビュー10年目にして躍進を手にしたそのワケは?

“国宝級”にも謙遜&殊勝コメントなし!「だって僕、顔しかイケてないですから(笑)」

 吉沢亮のデビューは2009年、母親が応募した「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」がきっかけだが、グランプリは野村周平だった。2011年には『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)で若手俳優の登竜門ともいえる“ライダーデビュー”を果たすが、主役は福士蒼汰であり、吉沢のポジションは“2番手ライダー”。吉沢にはどこか2番手のイメージがあり、今ひとつ突き抜けなかったのだが、2017年に映画『銀魂』の沖田総悟役に抜擢されると、原作を忠実に再現したビジュアルが原作ファンからも絶賛。昨年の映画『ママレード・ボーイ』の王道イケメン役や、ドラマ『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系)のクールなエリートサラリーマン役など、いきなりイケメン力を発動させ、急激に人気と知名度を伸ばしてくる。

 雑誌『ViVi』の人気企画「国宝級イケメンランキング」では、過去最多となる2.3万人の投票で2018年下半期の1位に。過去に錚々たるイケメンたちが1位になってきたランキングだが、2016年の中川大志は「僕はその(イケメンの)真逆だし、そういう人にはなれそうもありません(笑)」、2017年の菅田将暉は「正直選んでもらえたのは予想外」、2018年の新田真剣佑は「自分が果たして“イケメン”なのか……正直わからないです」など、それぞれ判で押したような謙遜&殊勝コメントのオンパレードの中、吉沢は「だって僕、顔しかイケてないですから(笑)」と堂々と宣ったのである。
  • 「だって僕、顔しかイケてないですから(笑)」と発言し、世間も”イケメン負け”させる吉沢亮(C)ORICON NewS inc.

    「だって僕、顔しかイケてないですから(笑)」と発言し、世間も”イケメン負け”させる吉沢亮(C)ORICON NewS inc.

 同時に「中身はイケメンじゃないですし、スタイルも別によくない。優柔不断で声が小さくて、お酒ばっかり飲んでて…実際の僕はダメ男な部分しかないです」と自虐ネタも織り交ぜたが、イケメン自覚発言にはネットでも「吉沢亮なら許す」、「発言めちゃくちゃ好きwww」、「吉沢亮さんの最高なところは顔がいいことを自覚してて、かつ顔しかいいところないとか言い切っちゃうところ」などと、世間も“イケメン負け”した感があった。

 バラエティ番組などでも、吉沢には度々“国宝級イケメン”の枕詞が冠せられるが、本人も謙遜するどころか“モテ”エピソードを堂々と披露。映画『リバーズ・エッジ』の舞台挨拶では、「中学時代は死ぬほどモテました」と豪語して会場の笑いを誘ったほか、『PON!』(日本テレビ系)でも「学年の3分の1に告白された」、「入学して3日目で告白された」などと発言。『おしゃれイズム』(同)では「今までフラれたことはない」と明言し、MCの上田晋也を「初めて俳優をぶん殴りたいと思った」とイラつかせたが、ネットでは「これだけイケメンなら認めるしかないだろ」、「なんかこの人はモテ自慢しても憎めないな」と肯定的だったのだ。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索