• ホーム
  • 芸能
  • 藤田ニコル、“おバカ”から“おとな”へ…こじるりと双璧なす“全方位”需要

藤田ニコル、“おバカ”から“おとな”へ…こじるりと双璧なす“全方位”需要

  • メイクもトークも落ち着いた“大人モード”にキャラ変した藤田ニコル (C)ORICON NewS inc.

    メイクもトークも落ち着いた“大人モード”にキャラ変した藤田ニコル (C)ORICON NewS inc.

 テレビで見かけるようになった3年ほど前は、原宿系の“奇抜キャラ”だった藤田ニコル。かつては、そのファッションセンスや“にこるんビーム”のあいさつで若い女子を中心にカリスマ的な人気を誇ったが、今ではすっかりメイクもトークも落ち着いた“大人モード”にキャラ変。若い層からの支持もしっかり残しつつ、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)などへの露出から親世代からの支持、さらには自慢の「美尻」や「縦腹筋」を披露し、男性支持も強固なものとし、バラエティークイーン・小島瑠璃子と双璧をなすにまで至っている。

ネット中傷、コンプレックスをも“自虐”で切り返すしたたかさ

 藤田ニコルは2009年、雑誌『nicola』(新潮社)の専属モデル“ニコモ”としてデビュー。ギャルメイクと個性的なキャラクターで徐々に知名度を上げていった。そして、可愛らしくも生意気なイメージをウリにバラエティ番組に進出すると、モデル業とともに10代のカリスマとして活躍。2014年『nicola』を卒業、『Popteen』(角川春樹事務所)専属モデルを経て、2017年10月『ViVi』(講談社)の専属モデルになるなど、順調にモデルの“王道”を歩んでいく。

 そんな藤田のバラエティ界での躍進を支えるキーワードのひとつが、“自虐”だ。カードゲーム『遊戯王OCG デュエルモンスターズ』の「強欲な壺」という、歯を剥き出して笑う不気味なキャラに似ているとネットで話題になると、自身もバラエティ番組内で言及、ショックを受けたことを明かした。10代後半の多感な時期だけにそれなりに傷ついたと思われるが、『Popteen』では顔面を“緑塗り”した「強欲な壺メイク」に挑戦するなど、したたかな“自虐返し”でますます好感度を上げたのである。

 一方、『1周回って知らない話』(日本テレビ系)では、中学時代にいじめを受けて不登校になっていた過去を告白。「自分が辛いときにいつもそばにいてくれて『お母さんはいつも味方だよ』、『お母さんは一番のファンだよ』と言われなかったら、たぶん頑張れなかったと思う」と、母親の支えで逆境を乗り切ったことを赤裸々に語った。さらに、自分の顔にコンプレックスがあったことも告白しているが、「大丈夫、こんな時代もあった」とコメントを添えて、昔の写真をインスタグラムに投稿、その潔さにネットでは、「ちょっぴり自信がない女の子にたくさんの勇気と元気を分けてる」といった好意的な声で溢れたのである。

 こうした一連の「ネットの中傷」、「過去のイジメ・コンプレックス」などのマイナス要素をオープンな自虐ネタとして昇華しているところが、若い層のみならず幅広い年齢層からも共感され、また勇気を与えているようだ。

番組スタッフからも高評価、“おじさんキラー”としての一面も

  • 小島瑠璃子『キットカット受験生応援キャンペーン発表会』にて (C)ORICON NewS inc.

    小島瑠璃子『キットカット受験生応援キャンペーン発表会』にて (C)ORICON NewS inc.

 藤田の好感度の高さは、主婦層向け番組『ヒルナンデス!』の月曜日レギュラー出演でも発揮され、お母さん世代からの支持も加速度を増している。また、『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、「誰が一番褒められているのか」という業界スタッフへのアンケート取材が実施されると、ほとんどのスタッフが藤田に対して「好感を持てる」と回答。「嫌な態度を絶対とらない。かといって馴れ馴れしいわけではなく、一定の距離感を持ってくれるので仕事がしやすい」との賛辞が寄せられ、藤田は視聴者のみならず番組スタッフからも高評価を受けていることがわかったのである。

 また『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)では、ナメクジやタランチュラを食べるという芸人顔負けの体を張った荒業にも挑戦するなど、バラエティへの対応力や全世代からの好感度の高さ、スタッフからの信頼という点では、藤田は“こじるり”こと小島瑠璃子と並んで、「若手バラドルの2大巨頭」と言っても過言ではないだろう。

 さらに“おじさんキラー”として、梅沢富美男や徳光和夫、有吉弘行といった年配も含む大物芸能人に気に入られているのも大きなポイント。梅沢富美男は番組内で、藤田を「スゴイ」と大絶賛。楽屋でのあいさつなどで接し、「礼儀正しい」、「頭がいい」、「考えてものを言っている」と全面的に見直したとまで言わしめているのだ。また、あの毒舌王・有吉弘行にさえも気に入られ、『有吉の夏休み2018』(フジテレビ系)に出演した際は、有吉との仲のよさを見せつけていた。こうした“おやじキラー”っぷりを見ても、藤田には女性としての魅力もさることながら、友だちのような親しみやすさや、娘のような愛おしさがあるのかもしれない。

守りに入らず常に攻め “美尻”を惜しげもなく披露

 最近では、『ViVi』のモデルになってからジムに通っているようで、番組内で度々、日々鍛えている“美尻”を惜しげもなく披露している。先日放送された『24時間テレビ』(日本テレビ系)では、芸人との尻相撲まで見せた。9月に放送された『しゃべくり007』では、くりぃむしちゅー・上田晋也がスタッフの指示のもと、本人の了承を得てお尻を直に触るという一幕も。

 実際、インスタでは縦線の入った腹筋を披露しており、「ニコルちゃんみたいな、スタイル目指して頑張ってます」、「自分に厳しい。おばちゃん見習うところ多々あり」などと称賛の声を集めつつ、しっかりと自身のブランド『NiCORON』も展開している。

 また、『金曜★ロンドンハーツ』の水泳大会企画でも競泳水着姿を披露、『FRIDAY』(講談社)では胸の谷間を大胆に露出した水着グラビアにも挑戦。普通、これだけメディアでの露出が急増して人気にも拍車がかかれば、多少なりとも守りに入ったり、お高くとまりそうなところだが、藤田にはそうした感じがいっさいないあたりも好感度を上げているのだろう。

人一倍努力し、謙虚に礼儀正しく接してきたという地道な一面が、今の人気の理由

 こうして“大人になった”藤田ニコルは、メイクひとつ取ってみても明らかで、高校生当時の派手でPOPなイメージから、今は髪の色やメイクも落ち着いている。また、5月放送の『情熱大陸』(TBS系)で「(今ある仕事が)いつ終わるかわからない」とつぶやいてみたり、「30代まででいいかなと思っちゃう、なんか。リアルに考えたら」(『なりゆき街道旅』フジテレビ系)などと発言、自分の立ち位置や身の振り方についてもきちんと考えている様子がうかがえる。

 ほぼ“同期”とも言える「りゅうちぇる&ぺこ」夫婦は、デビュー当初のインパクトのまま全力&全開で走り続けているイメージが強いが、藤田には、いじめやコンプレックスなど過去の苦悩を抱えながら人一倍努力し、謙虚に礼儀正しく人に接してきたという意外と地道な一面が見えるようだ。そして、デビュー時の奇抜なメイクやタメ口など、ちょっとおバカな若者のイメージがあったが、気がつけば幅広い世代から好感を持たれる“大人”へといつの間にかキャラ変を完了させている。

 そんな“自分史”を自然に自己表現し続けてきた結果が、今の藤田ニコルの人気につながっているのかもしれない。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!