アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 川栄李奈、女優躍進を支えるのは危機感「私なんてすぐに消える」

川栄李奈、女優躍進を支えるのは危機感「私なんてすぐに消える」

 旬の若手女優として存在感を発揮している川栄李奈。AKB48卒業後、女優に転身した後はNHK朝のテレビ小説『とと姉ちゃん』をはじめ、舞台『AZUMI 幕末編』、ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)、映画『デスノート Light up the NEW world』、『亜人』など話題作にも次々と出演してきたほか、2017年8月のCM好感度ランキングでは1位を獲得。そんな川栄李奈が、最新出演作となる映画『嘘を愛する女』(1月20日公開)の撮影秘話や、躍進が続く女優業について語ってくれた。

【動画】川栄李奈「調子に乗ったら私なんてすぐ消える」

 昨年実施した『2017年ブレイク女優ランキング』(オリコン調べ)でも女優業の躍進について支持する多数のコメントが集まり、2位に輝いた川栄。“脱AKB”を最も体現している存在であり、グループ卒業後に演技の道に進むアイドルのロールモデルとなりつつある。憑依型女優ともいわれ多彩な表情を見せる彼女の本当の姿とは。

吉田鋼太郎さんへの“後ろ回し蹴り”をものすごく練習しました(笑)

 『嘘を愛する女』はキャリアウーマンの川原由加利(長澤まさみ)の元に、突然警察官が訪ねてくるところから始まる。警官からは同棲5年目を迎える研究医の小出桔平(高橋一生)が倒れて意識不明の重体だと知らされるが…その過程で医師免許の偽造をはじめ勤務先、氏名までもすべてが“嘘”だったことを知る。彼の真実を探偵・海原(吉田鋼太郎)やキム(DAIGO)と調査する中で、桔平を「先生」と呼ぶ謎の女子大生・心葉(川栄李奈)が現れる――。
――物語の“謎”が判明するきっかけとなる重要な役でしたが、演じた感想は?
川栄李奈 作品を見て、“愛って何なんだろう”って問うような映画だと思いました。私が演じた心葉はストーカーでしたが、愛であることには変わりはなくて、さまざまな人の愛のカタチがあると思います。心葉が桔平さん(高橋一生)の真実を知った時どう思うのかなって、桔平さんが抱えていたものをお芝居の中で感じて、つらくなるっていうか…考えさせられました。

――そういえばストーカーでしたね(笑) 物語の中ではあまりストーカー感を感じませんでした。
川栄李奈 謎解きに協力していくからですかね(笑)
――映画の予告編にも入っていましたが、吉田鋼太郎さんへの後ろ回し蹴りが…すごく堂に入っていてカッコよかったです!
川栄李奈 特に武道をやっていたわけでないので、何回も何回も練習したんです。吉田さんには本番で受けていただいたんですが、何回かやっているうちに疲れて足が上がらなくなっちゃって。けっこう危なかったですね。
  • 吉田鋼太郎

    吉田鋼太郎

――普段女の子がやらないような“動き”ですが、カッコよくこなせたのはアイドル時代に歌・ダンスと身体を使った表現をやっていたからでしょうか?
川栄李奈 そうですね、AKBでの経験も役に立っていると思います。あとは以前『AZUMI』や『亜人』でアクションもやらせてもらっていたので、その経験も…? 吉田さんはパットが入っていたんですが、「痛い!」って言っていました。一度パット入っていないところに当たっちゃって「危ないよ〜!」って。すいません!ってすぐ謝りました。後ろ回し蹴りはすごく練習しましたね。

川栄李奈は“消極的だけど気が強い”女の子!?

――心葉は桔平(高橋一生)に恋い焦がれる役でした。ゴスロリ衣装の「ファッション」も、ストーカーになるほどの「恋」も、自分に正直に生きている女の子でしたね。
川栄李奈 私にはできませんね。ストーカーって、要は“積極性がすごい”ってことですよね。私とは真逆ですね。芯のしっかりした子で、言うときは言うし、やるときはやるし、“強い”女の子なのかなって思いましたね。

――川栄さんは“強い”女の子ではない?
川栄李奈 いえ…私は”強い”です(笑)。強いんですが、積極性はないというか。控えめな強さです。人前にでるのも小さい頃から好きじゃなかったですし、けっこう引っ込み思案でした。人見知りもしますし、積極的に行動するタイプではないです。
――では、川栄さんの“強い”部分とは…?どういうところでしょうか?
川栄李奈 気が強いです。よく言われるんですが、気は強いけれど表に出さないタイプで。周りの人に合わせています。あと、メンタル面も強いと思いますね。自分が内側に持っているものは“強い”んじゃないかと思います。

――アクションも体当たりでやっていて、“度胸”があると思います。ハートの強さは生まれつきですか?培われてきたものでしょうか?
川栄李奈 やっぱりAKBにいたのが大きかったと思います。何百人からの競争の世界でしたから。私自身は、アイドルやる前から引っ込み思案で、人前に立つのも嫌でした。でも、グループに入って、後輩ができて、先輩になって、お仕事としてこれをやらないといけないんだっていう自覚が芽生えてから度胸がついたと思います。自分がなすべきことをしっかりやらないといけない状況に身を置いていたからかもしれませんね。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!