• ホーム
  • 音楽
  • ドラマ“あなそれ”主題歌のバンド初登場! “神様、僕は気づいてしまった”って何!?

ドラマ“あなそれ”主題歌のバンド初登場! “神様、僕は気づいてしまった”って何!?

「普通の人が歌ったら破たんする」緻密な曲と真似できないボーカル

――どこのだれかさんの声は中性的で、ドラマでもすごく耳に残ります。
東野へいと 正直、自分の書く歌詞やギターは、どのバンドでもできることだと思うんですよね。でも彼のボーカルは、絶対他のバンドには真似できない武器。こいつの声、いいだろっていうのを伝えていきたいし、彼が歌うことによって意味のある言葉を選びたいなと思ってます。
どこのだれか 以前は自分の声が好きじゃなかったんですよ。いろいろ変化してはきているんですけど、今は自分の好きな歌が歌えていて、少しずつ声も好きになりました。
東野へいと 僕らはあまり人間味がないバンドだけど、この声が乗ることによって、フューチャー世代というか、新人類っぽさを感じられる気がします。

――ちなみに、そんなお二人がバンドを組もうと思ったきっかけは?
どこのだれか 彼(東野)の曲は、僕の好きなジャンル、やりたいジャンルにとても近くて。なのに、“なんで自分の作る曲と違って、ものすごく緻密なんだろう”と思っていたんです。自分は感覚で曲を作っているのに、彼はすべて計算して音楽を作っている。“これが理系の脳なんだ!”と、尊敬しています。(笑)。
東野へいと 僕も、一番影響を受けたのは彼(どこのだれか)です。それまで1人で音楽をやってきたので、バンドとかは正直、面倒くさいと思っていました。それでも一緒にやりたい、やっていける人を見つけたので、今の形になりました。
どこのだれか 彼の音楽はもっと多くの人に聴かれるべきだと思って。日本人の琴線に触れるメロディと歌詞だと思うので、こういう形で世に出させていただいたのは、とてもうれしいです。

――非常に個性が強いお二人だと思いますが、実際に一緒にやってみていかがですか?
東野へいと 僕の作る音楽は、人が歌うようなメロディじゃなかったりして。普通の人が歌ったら、絶対に破たんするんじゃないかって思います。
どこのだれか 彼の歌は死ぬほど難しいんですよ(笑)。
東野へいと でも、彼が歌うことによって、リスナーの人は難しさを感じない。そうしてナチュラルな作品に昇華してもらっているので、彼との出会いは運命だと思います。

ライブは「やりたくない」? もしも紅白から出演依頼が来たら…

――こうしてデビューすると、今度はライブを観たいという声も上がるかと思いますが、その場合、覆面のままステージに上がることに?
どこのだれか まず最初に、「やりたくない」って言い出して、ひと悶着あると思います(笑)。彼の音楽と僕の歌と、バンドみんなの楽器で奏でる作品はすでに完成している。だから、それを生でやる意味があるのかって、思っちゃうタイプなので(笑)。
東野へいと 僕もまったく同じ意見。ただ変わっていく自分を楽しみたい気持ちもあるので、1回はトライしてみたいという気持ちもありますね。

――テレビの音楽番組は? もしも『NHK紅白歌合戦』から出演依頼が来たら…。
東野へいと 紅白は、親孝行になるから出たいかな。親から見たら、自分たちのやってることって何をしているかもわからないでしょうし。でも、息子がもしも紅白の舞台に立ったら、さすがにわかってくれるんじゃないかなって…。
どこのだれか そうだね。紅白は出てみたいかな。
(文:今 泉)

ドラマ『あなたのことはそれほど』主題歌「CQCQ」ミュージックビデオ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!