アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • マンガ
  • 野村周平インタビュー:現場を盛り上げようとする真意とは?「もっと自由にやっていい。だって僕らは…」

野村周平インタビュー:現場を盛り上げようとする真意とは?「もっと自由にやっていい。だって僕らは…」

周囲を強引に巻き込む(!?)自由奔放なトークなどで個性を際立たせている新鋭俳優・野村周平。映画、ドラマと引っ張りだこの売れっ子だが、イベントやバラエティなどで見せるハイテンションな素顔の裏には、後輩の若手俳優やいまのエンタテインメントシーンへの真摯な想いがあった。最新主演作『サクラダリセット』に込める想いとともに明かしてくれた。

ひとつのセリフが台本10ページくらい。いままでで一番の長セリフだった

――特殊能力を持った高校生たちの戦いを前後篇の2部作で描く『サクラダリセット』は、緻密なプロットと見事な伏線回収が魅力です。台本を読んだときどう思いましたか?
野村周平最初に読んだときは、難しくて理解するのに時間がかかりましたね(笑)。しかも前後篇を同時進行で撮っていたので、演じているときも複雑だなと思っていて。なので、常に監督と「いま、こういうことになっている」というのを確認して、答え合わせをしながら撮っていきました。

――野村さんが演じた浅井ケイは、記憶保持能力を持つ高校生。知略を巡らせて周囲を率いていく姿をどう思いましたか?
野村周平知的でカッコいいと思います。賢くて、どこか悟ったような部分がある役なので、セリフの言い回しを速くしたり、背筋を伸ばして姿勢を良くすることを意識していました。難しかったのは、やっぱり長ゼリフ。能力の使い方や戦略を説明するシーンが多かったので……。
――確かに長ゼリフが多かったですね。もしかして、これまでに出演した作品のなかで一番長かったですか?
野村周平いままでで一番というくらい長かったと思います。ひとつのセリフが台本で10ページくらいあったりして。しかも、難しい言葉がたくさん出てくるんですよ! だからもう、セリフが合っているのか間違っているのか、セリフを言いながらわからなくなっていることもありました(笑)。

――大変な現場だったんですね(笑)。撮影はロケが多かったと思いますが、楽しい思い出もできましたか?
野村周平学校のシーンを撮った(三重県)四日市は、おいしいものがたくさんあって楽しかったです。(深川栄洋)監督や共演の黒島結菜ちゃん、平祐奈ちゃんと一緒に松阪牛を食べに行ったり。共演者は年下の子が多くて新鮮でした。平ちゃんに関しては5歳も年下だから、「普段、何してんの?」「好きな人いるの?」みたいな話をして(笑)。撮影は大変でしたけど、現場はすごく楽しかったですね。

まだ23歳なので本音が出てしまうときもあります(笑)

――ケイは「人の悲しみをなくすために能力を使いたい」と言いますが、もしご自分に特殊能力があったら、同じように考えますか?
野村周平そこは僕も共感しましたね。能力があったら、やっぱり大切な人たちのために使いたいって考えると思います。僕も基本、みんなにハッピーになってほしいと思っているので。まだ23歳なので、本音が出てしまうときもありますけど(笑)。

――お仕事の場でそう思うことが多いですか?
野村周平基本的に撮影現場ですかね。現場が楽しくないと、お芝居もつまらなくなってしまうので。
――確かに、いろいろな方から「野村さんが現場を盛り上げてくれた」っていうお話はよく聞きます。
野村周平みんなと仲良くないと、仲の悪い役もできないと思うんです。だから僕は、役作りのためにわざと仲良くしない、みたいなことはしないです。役者というのは、嘘をつくのがどれだけうまいかの勝負だと思うので。

――このお仕事を始めたときからずっとそうですか?
野村周平ある時期からそうなりました。僕はオーディションでこの世界に入ったんですけど、当時は俳優になろうっていう強い意思があったわけではないんです。だから、いきなりお芝居を好きになれたかと聞かれると、そんなことはなくて。自分が伸び伸びとできていない感じが常にあったので、お芝居を楽しむためにはまず現場を楽しもうと思って、自分から盛り上げるようになっていきました。今はお芝居自体も楽しいけど、当時はそういう気持ちでしたね。

僕、たぶん万人受けは難しいと思います(笑)

――最近はメディアでも、お茶目で自由奔放な素のキャラクターを出すようになってきた気がするのですが。
野村周平自分を隠す必要はないと思っています。僕は素のままで出ていくので、見る人は好き、嫌いを選んでくださいという気持ちです(笑)。

――嫌われるのは怖くないということですか?
野村周平みんなに好かれようと思っていないです。僕、たぶん万人受けは難しいと思います(笑)。趣味だって、サッカーみたいに誰もが知っているものじゃなくて、好きな人は好きっていうBMXとかスケボーですし。お芝居も同じで、万人受けしなくていいと思っていますね。これからどんな役でもやっていきたいです。

――作品選びの基準はどんなことですか? 事務所の方に希望を言ったりはしますか?
野村周平それはけっこう伝えていますね。いまだとアクションをやりたいという話とか。僕は普段から体を動かすのが好きなので、それを仕事にも活かしたくて。やるならジャッキー・チェンみたいな、カッコいいアクションがいいですね。できれば全編スタントなしでやりたいです。

すごく真面目でしっかりしている10代の俳優たち。でも…

――いまのエンタテインメントシーンを見て、こういう作品があったらいいなとか、出てみたいなって思うことはありますか?
野村周平海外でも勝負できるような作品がもっとあればいいなと思います。たとえば『ラ・ラ・ランド』みたいに、暗いことも明るく見せられるようなエンタテインメント作品って、あまり日本にはないのかなと。ドキュメンタリー調のリアルな作品もいいですね。『ビッグ』みたいな現実にはありえない話を、あえてリアルな感じで描く作品とか。撮影でも、予測がつかないような斬新な撮り方をたくさん見たいです。そういう現場に行くと、やっぱり驚きとか刺激があるんです。『サクラダリセット』も、GoProで撮影したシーンがあっておもしろかったです。
――エンタメシーンを背負っていくなかで、年下の共演者も増えてきていると思います。いまの10代の役者さんたちを見て思うことはありますか?
野村周平みんなすごく真面目でしっかりしていました。僕がもっとしっかりしなきゃいけないと思うくらい(笑)。でも一方で、もっと前に出てきてもいいんじゃない? と思うこともあって。落ち着いているというか、大人しい子が多いなと思いました。そういう人には、「人に何を言われようが自分を出していったほうがいいよ」って思います。「俺を見てよ、こんなに自由にやってるよ」って(笑)。もって自由にやっていいと思うんです。だって僕らはアーティストなのだから。
(文:加藤 恵/撮り下ろし写真:逢坂 聡)

サクラダリセット

 特殊な能力を持つ人々が半数を占める街・咲良田。驚異的な「記憶保持」能力を持つ高校生・浅井ケイが、「リセット」の能力を持つ春埼美空とともに、2年前に死んでしまった同級生、相麻菫をよみがえらせるために、様々な能力を組み合わせた作戦に挑む。時制が錯綜する緊迫のミステリーであると同時に、刹那のときめきと哀しみが胸打つ青春ラブストーリー。

監督:深川栄洋
出演:野村周平 黒島結菜 平祐奈 健太郎 玉城ティナ 恒松祐里 加賀まりこ 及川光博
2017年3月25日前篇、5月13日後篇 全国公開
【公式サイト】(外部サイト) (C)2017映画「サクラダリセット」製作委員会

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!