• ホーム
  • 芸能
  • 韓国ミュージカル特集:K-POP&韓流ドラマの後を追う?話題作『マイ・バケットリスト』日本上陸

韓国ミュージカル特集:K-POP&韓流ドラマの後を追う?話題作『マイ・バケットリスト』日本上陸

参入が続く韓国ミュージカル、日本マーケット定着への壁
 K-POP、韓流ドラマ、韓国映画が固定ファンを持ち、一時期の勢いは衰えているものの日本エンタテインメントシーンに定着しているのに対して、そのクオリティが評価を受けながらも日本でマーケットが確立されていない韓国ミュージカル。毎年数本が日本上演されながらもコアファンと出演するK-POPアイドルファンからの広がりがなかなか見られない。そんななか、この2月に上陸する新作『マイ・バケットリスト』は、その社会性と話題性からシーン定着への礎となることへの期待も寄せられている。再三の参入にも関わらず、壁を超えられていない韓国ミュージカルの現状とは?

若手クリエイターが集い先鋭的な新作が続々と生み出されている

 一時期の勢いは衰えているもののしっかりとした固定ファンを持つK-POPや韓流ドラマ、世界で評価が高く日本の映画関係者にもファンが多い韓国映画。なにかと騒々しい日韓の社会情勢とは一線を画して、韓国エンタメコンテンツはそのクオリティの高さから日本エンタメシーンでも一定のファン層を築いている。

 その一方、本国韓国では若者を中心に熱い人気を誇り、日本マーケットへの再三の参入が続けられながらも、なかなか定着が果たせていないのがオリジナル脚本による韓国ミュージカルだ。その歴史は新しく、2000年代に入ってじわじわと現地で盛り上がり始め、同後半くらいからは若手クリエイターによる新作が続々と登場し、大きなムーブメントとなって活況を呈するとともに、日本にも上陸。日本で劇場公開される韓国映画の本数にはおよばないものの、1ヶ月ほどの公演期間の演目が毎年コンスタントに数本ほど日本上演されている。

日本で韓国直輸入の専用劇場オープンも一般層への定着は叶わず

 日本では、そんな小劇場で上演されている韓国ミュージカルの専用劇場も2013年に六本木にオープンした。韓国ミュージカルは、K-POPアイドルをキャスティングし、そのファンを中心に集客するのが一般的だが、同劇場ではテハンノで人気を得た演目を、現地で活躍しているミュージカル俳優たちがそのまま演じていた。

 現地の人気作をタイムリーに、その熱気をそのまま日本へ持ってくることで注目され、韓国までミュージカルを観に行くコア層を含む一定のファンを作り上げたものの、マーケットとして定着させるほどの一般層を巻き込む規模には至らず、同劇場は契約期間の満了とともにオープンから1年ほどで幕を閉じた。
 韓国ものに限らず、日本のエンタテインメントとして見てもミュージカルは敷居の高さがある。芝居のなかで突然歌いだしたり、踊りだす流れがとっつきにくい、演技が仰々しいなどの声もあり、またチケット代も映画やライブなどほかのエンタテインメントと比べて割高感もある。劇団四季などのシーンに根付いたミュージカルを除くと、一般層はテレビで宣伝していたブロードウェイのビッグタイトルなら観てみたいと思うくらいなのだろう。まして、言葉や文化の異なる韓国のミュージカルとなると、足を運ぶのにハードルが高くなる。

 しかし、K-POPや韓流ドラマほどのマーケットにはなっていないものの、専用劇場のクローズ後もコンスタントに日本上演されているのは、やはりそこにニーズがあり、エンタテインメントとしてのクオリティと日本におけるポテンシャルがあるから。一度観るとハマる観客も多い韓国ミュージカルは、ジャンルとして形容し難い作品も多いのだが、そこにはK-POPでおなじみの歌とリズム、キレのあるダンスが入り、韓流ドラマのコミカルな笑いと涙、韓国映画のどギツイ表現やストーリーテリングなど、韓国が得意とするエンタテインメント要素も顔を出す。王道をベースにしながら実験的なアイディアを盛り込んだ、若い才能によるオリジナルの先鋭的な作品があふれている。

社会性と話題性を有する新作上陸が韓国ミュージカル定着の礎となるか

 韓国ミュージカルの日本エンタメシーンへの定着の礎になるかもしれない新作のひとつとして注目されている作品もある。この2月末に上陸する『マイ・バケットリスト』は、その社会性の高いストーリーから実社会のさまざまな場面とリンクした活動が行なわれ、韓国ではエンタテインメントの枠を超えて話題になった。

 10代の病気の若者の生きることと死ぬこと、そして希望という普遍的なテーマを掲げる同作は、2014年の初演から翌年、翌々年と韓国で再演を重ねるなかで、青少年のための“生命尊重”キャンペーン、病院でのチャリティコンサート、オリジナルミュージカル曲が自殺予防キャンペーンの一環として起用されるなど、公益性のあるイベントとのコラボなど社会性を有するさまざまな展開で注目を浴びた。
 韓国で若い世代を惹きつけるムーブメントとなった社会性と話題性のある同作は、物語性のよさとともに、ミュージカルならではのおもしろさも存分に味あわせてくれるそのエンタテインメント性で、多くの人の足を劇場に向けさせた。ミュージカルへのハードルが高い日本で、それを超えて人を動かす作品力があるのか未知数だが、そうなる要因もありそうだ。これまでの韓国ミュージカルが果たせなかった日本エンタメシーンでのK-POPファンの枠を超えるマーケット確立への一歩になることに期待がかかる。
(文:編集部・武井保之)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!