• ホーム
  • 映画
  • 飯豊まりえ&山崎紘菜インタビュー『若手新鋭女優の近すぎる距離感!? 抱きしめられて生まれた感情』

飯豊まりえ&山崎紘菜インタビュー『若手新鋭女優の近すぎる距離感!? 抱きしめられて生まれた感情』

ドラマ、映画と今まさに出演作が急増中の若手女優・飯豊まりえと山崎紘菜が、初共演した『MARS(マース)〜ただ、君を愛してる〜』について語り合った。顔を寄せあう撮影など、終始仲の良さそうな様子をみせていたふたりの赤裸々な本音とは?

最初のスキンシップで仲良くなれた大親友(飯豊まりえ)

――映画でのおふたりの関係は、お互いを憎み合っていたドラマ版からは想像ができないほど、仲の良い友だちになっていましたね。
飯豊まりえそうなんです! 実は、今はプライベートでも大親友なんですよ! ね!?
山崎紘菜そうだね(笑)。私、本当に人見知りなんです。普段は現場でずっと無口なので、これまで共演者とあまり仲良くなることがまずありませんでした。でも、今作ではまりえちゃんが積極的に話しかけてくれたおかげで、すごく楽しく過ごせました。
飯豊まりえそういえば、最初に撮影したのが、紘菜ちゃんが私をビンタするシーンだったよね?
山崎紘菜そうそう! 「おはようございます。バシッ!」みたいな(笑)。
飯豊まりえ予想以上にそのビンタが強くて、「え? こんなにたたく!?」って一瞬、素に戻ってしまったくらいだったんです(笑)。
山崎紘菜あはは(笑)。もちろん、カメラに映らないところは“ふり”だったんですけど、映るところはちゃんとたたかなくてはいけないので、思いきりビンタをしたんです。演技をしているうちに気持ちも入ってきてしまって……。
飯豊まりえお互い同じ人を好きという役どころだったしね。あんなに命をかけてひとりの男の人を取り合うってなかなかないから、気持ちも入るよね。でも、そのシーンが最初だったからこそ、すごく仲良くなれたんです。
山崎紘菜ある種、スキンシップだからね(笑)。映画では、私がまりえちゃんを守る役どころだったんですが、普段のまりえちゃんはムードメイカーで、いつも現場を盛り上げてくれていました。
――撮影に入ってからはいかがでしたか?
飯豊まりえ監督が厳しくてけっこう大変だったんです……。
山崎紘菜監督はまりえちゃんにすごく期待をしていたからね。だからこそ、監督にかなり鍛えられていたんです。私はシーンもそこまで多くなかったので、しごかれるまりえちゃんをみてうらやましく思っていました。
飯豊まりえ私は監督に優しくされている紘菜ちゃんがすごくうらやましかったなぁ。
山崎紘菜でも、その指導のおかげなのか、まりえちゃんが泣くシーンは、私も泣きたくなるほど心情が伝わってきたので、すごく気持ちを作りやすかったんです。
飯豊まりえ台本には、私が紘菜ちゃんに泣きながら抱きつくと書いてあるシーンがあったのですが、あまりに気持ちが入りすぎて、立ちすくんでしまったことがありました。そのときに、紘菜ちゃんがゆっくり私を抱きしめてくれたんですよね。あんなふうに現場で生まれる演技はなかなかないので、すごく新鮮で嬉しかったですね。

人見知りで話せないのにハードルが上がった…(山崎紘菜)

――今作では、人生が変わる出会いを描いていますが、おふたりにとっての人生を変えた出会いを教えてください。
山崎紘菜私は、今回出会えた飯豊まりえちゃんです。
飯豊まりええぇ!
山崎紘菜さっきも言った通り、まりえちゃんと出会うまで、他のキャストとあまり仲良くなれることがなかったんです。でも、まりえちゃんが仲良くしてくれるようになってから、現場での居方が変わりました。こんなに楽しいと思えた現場も初めてだったし、すごく勉強になったんです。
飯豊まりえ嬉しいなぁ。最近、『Seventeen』(集英社)のモデル仲間が紘菜ちゃんと一緒にお仕事をしているので、「最初人見知りかもしれないけど、話すとすごくおもしろいよ!」って伝えました。
山崎紘菜そのおかげで、ハードルが上がってしまって(笑)。人見知りで話せないのに、おもしろい人って思われてもどうしていいかわからないんですよ……。
――(笑)飯豊さんの出会いは?
飯豊まりえ私の人生を変えた出会いは、この芸能界に入るきっかけになったモデルオーディションで、私を選んでくれた当時の編集長です。そこで私を選んでくれた編集長がいたおかげで私は今ここにいるので、本当に感謝しているんです。そのおかげで紘菜ちゃんにも会えたしね!
山崎紘菜なんか、そんな話を聞いたらその編集長に会いたくなっちゃった! 私に出会わせてくれてありがとうって伝える!
飯豊まりえあはは(笑)。

――飯豊さんは、そのモデルを経て女優業へと挑戦を続けていますが、今どんなことを心がけていますか?
飯豊まりえ女優のお仕事をしていくうちにわかったのが、私は計算をしてお芝居ができないということ。良くも悪くも感覚で先に動いてしまうので、これからは感覚も大事にしながら、たくさん経験を積んでいきたいと思っています。

紘菜ちゃんがいる所ならどこでも行っちゃう!(飯豊まりえ)

――山崎さんはお芝居をしていることで心がけているのはどんなことでしょうか。
山崎紘菜謙虚さや感謝の気持ちを常に忘れずにいたいと思っています。まりえちゃんが編集長に感謝していると言ったことと同じで、私がここにいるのは、いろいろな人がお仕事を支えてくださっているおかげです。そんな人たちへの感謝を忘れてはいけないと思っています。
飯豊まりえほら、こういうところが紘菜ちゃんのいいところなんですよ〜。
山崎紘菜(笑)こうやって盛り上げてくれるんです。

――楽しそうな現場ですね。では、おふたりが思う、それぞれの武器は何だと思いますか?
山崎紘菜まりえちゃんの武器は性格だと思う! こんなに飾らずに自然体でスタッフさんやキャストのみんなと仲よくできる人ってなかなかいないですよ。ものすごく憧れます。まりえちゃんが現場にいると、周りがすごく明るくなります。ひとつの現場にひとりは欲しい逸材です!
飯豊まりえ嬉しいなぁ。紘菜ちゃんがいる所ならどこでも行っちゃう!
山崎紘菜本当に来てよ?(笑)
飯豊まりえうん! 紘菜ちゃんの武器は、この美貌ですよ! もうずば抜けて美しい! それと、お芝居に対する姿勢がすばらしいと思いました。役に対しての愛情がすごく大きいからこそ、監督に「こう思うんですけど、どう思いますか?」って何度も聞きにいっていて、すごいなって思います。あとは、冷静なところですね。私にはないところなのですごく憧れます。
山崎紘菜まりえちゃんは、いつも全力で演じているのがわかるからすごいと思う。私は頭の片隅に常に冷静な自分がいるから、役に100%はなりきれていないって思うんだけど、まりえちゃんはいつも100%を出しているように感じていたので、すごく勉強になりました。

――そんなおふたりが初共演したこの映画のどんなところを観てほしいですか?
飯豊まりえ誰にでも人生を変える愛があるということが、この作品から伝わったら嬉しいです。映画を観た後には、好きな人だけでなく、家族や友だちを思い浮かべて大切にしたいと思ってもらえる作品だと思います。
山崎紘菜この作品はラブストーリーではありますが、恋愛の楽しい部分だけではなく、苦しい部分や残酷な運命など恋愛のすべてを描いているので、たくさんの人に共感してもらえると思います。大切な人と劇場に観に来ていただけたらうれしいです。
(文:吉田可奈/撮り下ろし写真:鈴木一なり)

MARS(マース)〜ただ、君を愛してる〜

 海で奇跡的に出逢った零(藤ヶ谷太輔)とキラ(飯豊まりえ)。過去に心の傷を抱えながら孤独に生きてきた2人は惹かれあい、恋に落ちる。そこへ、零の死んだ弟・聖と親友だった牧生(窪田正孝)が現れる。零とキラのよき理解者であるように見えた牧生は、零が持つ秘めた一面に強い憧れを抱いていた。牧生は、零とキラの忌まわしい過去を突き止め、2人を引き裂こうとするが……。

監督:耶雲哉治 
出演:藤ヶ谷太輔、窪田正孝、飯豊まりえ、山崎紘菜、稲葉友ほか
2016年6月25日(土)全国ロードショー
(C)劇場版「MARS〜ただ、君を愛してる〜」製作委員会 
【公式サイト】(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!