• ホーム
  • 映画
  • 清野菜名インタビュー『演技に自信がない?アクションに頼っている自分を克服したい』

清野菜名インタビュー『演技に自信がない?アクションに頼っている自分を克服したい』

『TOKYO TRIBE』などでアクション女優として注目され、一方、ドラマやCMでは明るく清廉なイメージで人気の清野菜名が、初のホラー映画『雨女』に主演。『呪怨』の清水崇監督による、劇場で雨や揺れなどを体感しながら観る4DX専用の作品。水中撮影などで体も張りつつ、出演作が相次ぐなかまた新たな顔を見せた。役柄の幅を広げる新鋭女優の今の想いに迫る。

ホラーならではの空気を感じた撮影現場

――もともとホラーは好きだったそうで。
清野菜名好きですけど怖がりです。でも観たいから、ホラーは友だちを誘って映画館に行きます。実家にいたころは、夏休みとか友だちとお泊りするとき、ホラーDVDを借りてきて部屋を真っ暗にして観ていました。みんなで引っ付いて、目を手で隠して、でも観てしまう(笑)。ホラーって、普通の生活にあるシチュエーションが多いじゃないですか。お風呂場だったり、学校だったり。

――清水崇監督作品などJホラーはとくにそうですね。
清野菜名中学生のころとか、お風呂に入るだけでも怖くなったり、寝るときも「足元にいたらどうしよう……」みたいな妄想をしていました。

――清野さんだったら、おばけがいても蹴とばせばいいのでは(笑)?
清野菜名いやー、怖くてムリです。ダッシュで逃げます(笑)。幽霊とか見たことはないですけど。
――『雨女』みたいに怖い夢を見たり、同じ夢を繰り返し見ることは?
清野菜名けっこうあります。2週間連続で同じ夢を見たり、続きものになってたり(笑)。この前見た夢は、地元の大通り沿いに新しくバーができて、友だち6人で夜のぞきに行ったら、タチの悪そうな人たちがたくさんいて。私はそのひとりのナイフを持った人と目が合ってしまうんです。みんなでガーッと走って逃げて、私は一番速いはずなのに足が重くて上がらない。つまずいてコケて馬乗りになられて……というところで起きた夢を1週間続けて見ました。

――『雨女』の撮影では、ホラーならではのことはありました?
清野菜名機材トラブルは普通に起こり得ることですけど、この映画で起きると、どうしても結び付けてしまって。雨の踏切前で撮影した日にカメラが動かなくなって、監督は「雨を降らせすぎたせい」と言っていたんですけど、ホラーならではの空気を感じました。

これまでの人生のなかで一番過酷だった

――水深5メートルのプールでの撮影もあったんですよね?
清野菜名私の人生のなかでも一番過酷だったと思います。

――身体能力抜群の清野さんは水中では?
清野菜名水はあまり得意ではないです。深さが5メートルもあるプールには初めて入って、やっぱり潜って下に行けば行くほど苦しくなって。普通の浅いところなら、もっと長く潜れるはずなのに、肺の酸素が一気になくなるというか。息が続かなくてビックリしました。

――それを何テイクも繰り返したんですよね。
清野菜名朝8時から夜9時ぐらいまでやっていました。水圧もすごくかかるんですよ。ダイバーさんに下から足を引っ張ってもらって潜ったとき、鼻に水が入らないように指でつまんでいたんですね。4メートルぐらいまでそうやっていて、指を離しても水圧で鼻がもとに戻らないんです! これはシャレにならないと思いました(笑)。

――1日中そんな感じで水中だと、体の状態はどうなるんですか?
清野菜名足がしびれてきて、腰が痛くなって。しかも2月で寒くて、水温は20度とか。もう一生やりたくないです(笑)。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!