• ホーム
  • 映画
  • SUPER JUNIOR・キュヒョン、ドラマ初主演での成長とは?『キスシーンでNG連発!?どうしていいかわからなかった…』

SUPER JUNIOR・キュヒョン、ドラマ初主演での成長とは?『キスシーンでNG連発!?どうしていいかわからなかった…』

人気グループ・SUPER JUNIORのメンバーであり、ソロアーティストとしても活躍中のキュヒョンを独占取材! もうひとつの顔である俳優としてドラマ初主演を果した『ラブ・コントロール』(日本では劇場公開)での自身の成長、エンタテインメントシーンでの今後の活動について想うことを聞いた。

プレッシャーでミスもあった初ドラマ・キスシーン

――今作ではキスシーンがありますが、撮影はいかがでしたか?
キュヒョンこれまでに出演したミュージカルでもキスシーンの経験はあります。ただ、ミュージカルのキスシーンはハイライトで、ストーリーの流れで進行して決定的瞬間にキスシーンがあるじゃないですか。ドラマは今回が初めてでしたが、撮影がストーリーに添っているわけではなく、飛び飛びで行なわれたりします。さっきケンカをしていたばかりのに、すぐ次にラブシーンで泣いたり、撮影の順番がバラバラでとまどったりしていたのですが、そんななかで突然キスシーンの撮影になりました。しかも、人通りが多い場所でたくさんのひとが見ているなか……。そもそもキスシーンって、相手の女優さんにも僕にもプレッシャーがあるじゃないですか。なので、少しミスもありました。

――NGを出したとか。
キュヒョンキスシーンでNGを連発したと言われるんですけど……すごく緊張していて、どうしていいかわからなかったんです。不本意にもそのシーンは何度も撮影することになりました。カメラを移動して撮影角度を変えながら、何度も同じシーンを撮らないといけないので、そのときは少し大変だった思い出があります。周りのひとたちが「なになに? キスするの?」と言いながら見ていたので(笑)。
――演じられたジュソンは冷たくて周囲に壁を作るキャラクターですが、キュヒョンさんと似ているところはありますか?
キュヒョン僕は逆で、周りの人たちに意地悪やいたずらをたくさんして、親しくなろうとするタイプです。似ている部分は、運命論者(運命を信じる人)というところ。ジュソンは、出会いを目的にした合コンのような作られた席を嫌う性格ですが、僕もあまり好きではないんです。横断歩道で起こる運命を信じるタイプなので、そういうところは似ていると思います。

歌手はただ僕のありのままの姿を見せればいい

――初主演ドラマ撮影を終えたいま、俳優業と歌手業との違いをどんなところに感じていますか?
キュヒョン俳優業は自分ではない人物として生きていく演技をしますが、歌手活動は自分らしく表現をすればいい。僕が何かをしているふりをする必要もなく、ただ僕のありのままの姿を見せればいい。そういう部分が違いますね。

――どちらがより自分に合っていると思いますか?
キュヒョンこれまでミュージカルにずっと出演してきた理由は、すごく楽しかったから。他の人の気持ちになって演技をして歌うことが楽しくて、自分に合っていると思っています。いままでドラマ出演にはあまり興味がなかったのですが、チャンスをいただいたのでやってみたら、こちらもおもしろかったです。舞台は思い通りの演技ができないといつまでも後悔が残る場合がありますが、ドラマは演技が気に入らなければ撮り直すこともできて、一番かっこよく映るシーンを見せることができるので、そういう部分は良いなと思います。

30代を目前にしてこれからの目標は?

――俳優活動も増えていますが、出演作を重ねることで演じる喜びや、演技の奥深さを感じていますか?
キュヒョンこのドラマの撮影が始まる前はすごく心配していたんです。アルバム、ミュージカル、ドラマと、3つの仕事が重なっていたので。しかも主演ということでかなり悩みましたが、撮影が始まってみたら、ドラマが初めてだったせいか楽しみながらできました。撮影スタッフもみんなお互いを思いやる雰囲気だったので、居心地がよい現場で楽な気持ちで臨むことができました。今回は、とにかくみんなを引っ張っていかないといけない立場だったので、責任感もありました。撮影に入ってからは、台本にない内容も「ジュソンだったらここでこう言うのではないか?」といつも考えながら、作品に愛着を持って演じました。難しい部分もたくさんありましたが、いい経験を積むことができたと思います。

――今作を通して成長した部分もあるのではないでしょうか。
キュヒョンドラマの撮影を経験したことは大きいと思います。初めてこういう作品(ラブストーリードラマ)に出演してその魅力もわかりましたし、演技の醍醐味も知りました。
――30代を目前にして、歌手、俳優、バラエティなど幅広く活躍されていますが、これからの目標はありますか?
キュヒョン歌手活動は、ソロアルバムを出しながら、僕のカラーに合った僕らしい歌をこれからも出していきたいです。音楽の面では、ずっと僕がやりたい音楽で、ステージでファンの皆さんにお会いできればうれしいですね。ミュージカルはこれからも変わらず出演していきますが、ドラマもまた機会をいただけるのでしたらどんどんやっていきたいと思います。

ラブ・コントロール〜恋すると死んでしまう彼女ボンスン〜

 BS電子先端ITチームのチーム長ジュソンは、友人でもある常務ジェボムとともに恋愛感情を生み出すソフトウエアを開発中だが、恋愛経験のない新入社員ボンスンのせいで苦労してばかり。しかし、ジュソンは純粋な彼女のことを密かに愛し始めていた。
 若年性のアルツハイマー病によって記憶を失いつつあるジュソンは、ボンスンに思いを伝えられないでいたが、ある夜、彼女が自分の開発したサイボーグで、BSプロジェクトの核心にいることを思い出す。
 とまどいのなか、ボンスンとつきあいだしたジュソン。一方、ジュソンの病気がプロジェクトに影響することを恐れるジェボムは、ジュソンの元恋人ソヒを新たな責任者に任命。ソヒと会ったボンスンの感情は激しく動き、システムが誤作動を起こし始める。ジュソンは愛するボンスンとの最後の思い出を作ろうとするのだが……。

監督:クォン・スンウク
出演:キュヒョン(SUPER JUNIOR) ユン・ソヒ チ・イルジュ キム・ユミ
5月14日(土)2週間限定ロードショー
【公式サイト】(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!