アニメ&ゲーム カテゴリ

TVアニメ『逆転裁判』 梶裕貴&玉木雅士インタビュー

4年前に初共演 ライバル役は光栄

――お2人は本作で初共演ですか?
玉木 実は違うんです。4年前に僕が初めて出演したアニメ作品で梶さんも一緒でした。それが初共演です。その作品で梶さんは主役だったんですけど、かっこよかったですね〜。
 やめてくださいよ(笑)
玉木 当時、僕は右も左もわからない状況で。梶さんと初めてごあいさつをさせていただいた時、優しく接してくれてありがたかった。
 いやいや…。
玉木 でも、こうして4年経って、『逆転裁判』でライバル役として共演させていただくのは、恐れ多いことなのですがとても光栄です。

――同い年で誕生日も2日違いなんですよね。どちらがお兄さん?
玉木 梶お兄さん(笑)
 わずかにお兄さんです(笑)
玉木 でも本当に、いろんなものを経ての再共演なので、運命も感じています。
 誕生日も近くて同い年。こういったご縁も含めて、一緒にいい作品を作っていきたいですね。でも普段のアフレコでは、なかなか仕事以外のことを話す機会は少ないですよね。時間に限りがあるので。
――では、せっかくなので、お互いに聞いてみたいことありますか?
玉木 梶さん、休日は何をされているんですか? プライベートが謎で…。
一同 (笑)
 日数によりますけど、基本的にはお仕事の予習をして、体のメンテナンスをして終了、という感じですかね…。何も面白いことがなくてすみません…(笑)。余裕があれば、本や映画を観て演技に生かせればなと考えています。あとは、連休さえとれれば旅行に行きたいですね…。僕も質問いいですか?玉木さんは、映像や舞台もやられている俳優さんですが、実写とアニメで、演じる上で違いはあったりしますか?
玉木 両方とも難しいんですけど、特にアニメは難しいです。なので、キャストの皆さんの演技をみて「すごいな、すごいな」といつも感じています。
――作品にかけて「異議あり!」と主張したいことはありますか?
玉木 もともと口下手で、自分の気持ちを人に伝えるのが苦手だったんです。最近、取材でお話させていただく機会が増えても、まだ苦手で…。前日に「明日はインタビューだ、どうしよう〜」って不安になってしまう、そんな自分に“異議あり!”
 ずばり、花粉です!(笑)。本当に鼻がムズムズするし、それを解消しようとして薬を飲むと、声やお芝居にも影響が出てしまうので、本当に困ってしまいますね。花粉も地球にとっては必要ですよね…害がなければいいんですが…(笑)。なので、花粉症に“異議あり!”。
――では最後に、アニメを楽しみにしているファンにメッセージをお願いします
 多くの方から愛されている原作ゲームなので、ファンの方は、登場キャラクターたちに対して愛着があると思います。アニメ版の成歩堂龍一として、監督・スタッフさんの思い描く人物像に近づけるよう、臨場感や躍動感をプラスして、キャラクターの良さを引き出せるように頑張っていきたいと思っています。ゲーム原作者の巧舟(たくみ・しゅう)さんも、ほぼ毎週アフレコに立ち会ってくださっていて、違和感がないようチェックしていただいています。ファンの方が納得していただける仕上がりになっていると思いますので、ぜひ毎週ご覧ください。よろしくお願いします!
玉木 たくさんの方が愛してくださっている原作。その事を胸に留めて、一生懸命取り組んでいます。15年続く歴史の新たな1ページを、僕たちと一緒に見届けてほしいです。
(撮り下ろし写真:草刈雅之)

(C)CAPCOM/読売テレビ・A-1 Pictures

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索