• ホーム
  • コラム
  • 【Trend Research】あなたのこだわりは? 目玉焼きの食べ方ランキング

【Trend Research】あなたのこだわりは? 目玉焼きの食べ方ランキング

シンプルながら、おいしすぎて思わずペロリと食べてしまう目玉焼き。コスパも栄養もバツグンの一品だが、人それぞれ食べ方にこだわりがありネットなどでは度々議論になるほど。今回のTrend Researchでは、そんな目玉焼きの食べ方について調査!

目玉焼きの食べ方のこだわり <調味料編>

 目玉焼きに何をかけてどう食べるか?にこだわりを持っている人は多く、まず調味料について調査したところ(複数回答)、総合TOP3は男女・世代別ともに共通で【しょうゆ】、【塩・こしょう】、【塩】というラインアップに。中でも日本の国民的調味料【しょうゆ】(56.5%)は、半数以上というダントツの支持を集めた。

  • アツアツごはんに卵を乗せしょうゆをたらり…

    アツアツごはんに卵を乗せしょうゆをたらり…

“愛しの黄身”にひとさし…香ばしい風味が最高
 根強い人気の理由を探ると、しょうゆの香ばしい風味とトロリとした黄身との絶妙なコンビに魅了されている人が多数。しょうゆひとつとっても、「白身は何もかけずに先に食べ、残った黄身をごはんに乗せしょうゆをたらす」(東京/30代・女性)、「黄身にしょうゆをかけ白身をそれにつけて食べるのが最高」(愛知/40代・女性)など、おのおのに食べ方にルールがあるようだ。
  • 素材の味がいきる塩こしょう

    素材の味がいきる塩こしょう

シンプルだけどそれがいい塩こしょう
 続く2位の【塩こしょう】(37.9%)と3位の【塩】(15.6%)については、「シンプルで一番おいしいと思う」(千葉/20代・女性)というように、飽きがこず素材本来の味が楽しめる点が人気のポイント。よりおいしく味わうために、「挽きたてのこしょうをかける」(新潟/40代・男性)、「先に塩こしょうしたフライパンに卵を割るとキレイに焼ける」(岡山/30代・女性)などと工夫している人も多かった。
  • パンで食すときにソースやケチャップをかけるという人も多い

    パンで食すときにソースやケチャップをかけるという人も多い

お馴染みソースをプラスするだけで表情がガラリ
 また、【ソース】(4位:12.9%)、【ケチャップ】(5位:8.1%)、【マヨネーズ】(6位:7.7%)といったお馴染みのちょい足し調味料も上位にランクイン。「半熟のときはしょうゆ。固めのときはソース。トロトロのときはケチャップをかけます」(大阪/30代・男性)というように、黄身の具合によって調味料を使い分けているこだわり派も多かった。

目玉焼きの食べ方のこだわり <焼き具合編>

半熟の黄身を食材と絡めて食べる幸せ…
 前述のように、目玉焼きの“キーマン”と言えばやはり黄身。その焼き具合は、トロッとしているのに程よい食感もある【半熟】(72.2%)が7割以上と圧倒的な人気。

 もちろん、【かため】(2位:14.8%)でも【トロトロ】(3位:13.0%)でも楽しめるが、「ごはんやパン、野菜に絡めたりしていろいろな食べ方ができるからやはり半熟が一番」(広島/40代・女性)と魅了されている人の声が目立った。

目玉焼きの食べ方のこだわり <組み合わせ編>

 さらに、どのような組み合わせで食べるのが最も好きか?を尋ねると、【ごはんと一緒に食べる】(54.1%)が半数以上の支持を獲得。
食べ方次第で調味料や黄身の具合にこだわりアリ
 ごはんと一緒のときは、「半熟に焼いた卵を乗せてしょうゆをかけ、黄身を崩しながら食べる」(千葉/20代・女性)としょうゆをかけている人が多かった。2位の【パンと一緒に食べる】(21.0%)人は、「両面を焼いた目玉焼きにマヨと黒こしょうを少々」(熊本/40代・女性)というように、マヨネーズや塩こしょうを好むコメントが多数。また、【単体で食べる】(3位:16.2%)人には半熟派が多いなど、食べ方によって合わせる調味料や黄身の具合にこだわりがあるよう。

 改めて、目玉焼きはバラエティに富んだメニューだということが分かった今回の調査。セレクトする調味料や焼き方、組み合わせ方によってその楽しみは無限大。未開の食べ方にチャレンジすることで、また新たなおいしさに出合うことができそうだ。
【調査概要】
期間:2016年1月29日(金)〜2月3日(水)
対象:1200名(全国の自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員20代、30代、40代の男女)
地域:全国
方法:インターネット調査

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!