アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 石原さとみが明かす『進撃の巨人』でのプレッシャーと転機

石原さとみが明かす『進撃の巨人』でのプレッシャーと転機

 今年最大の話題作『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』と完全連動したオリジナル実写ドラマ『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』がdTVで8月15日から配信された。出演は映画本編と同じく、石原さとみや桜庭ななみら豪華キャストが集結。石原さとみが、ドラマの観どころ、そしてハンジ役に対する想いを語った。

dTV版は自身の趣味も、いろんな提案をさせてもらった

――『進撃の巨人』は原作が絶大な人気。そういう作品を映画化したこと自体すごいと思うんですが、今回は、dTV版も制作されました。その話を聞いたとき、最初はどう思いましたか?
石原さとみ 映画の撮影中にdTV版を作ることが決まったみたいで、映画の打ち上げのとき、監督がキャスト1人ひとりに卒業証書をくださったんですね。そのとき一緒にそのキャストにまつわるグッズも渡してくれてたので、私の場合はゴーグルかなって思っていたんです。ところが、「あ、これは次で使うから」ってくれなくて(笑)。しかも、特撮監督からも「次よろしくね」って言われて、“えっ、次あるんだ!?”って初めて知ったんですよ(笑)。マネージャーからよりも早くスタッフさんから聞いたっていう(笑)。でも、すごく楽しみだったし、これは感覚を忘れるなってことだなって思いました。

――この作品では、映画本編では描ききれていなかった登場人物のエピソードがわかるので、より『進撃の巨人』が楽しめる気がします。
石原 そうなんですよ。映画の前篇の中に“2年後”っていう設定があるんですが、その2年間の話が描かれている。キャラクターのバックボーンがわかるんです。だから、登場人物に親近感が沸くし、思い入れも強くなって、さらに映画が面白くなると思いますね。私自身も本編をやってから約1年後にdTV版を撮ったので、もうハンジのことはわかっていて。そのおかげで撮影がすごく楽しくて。やりたいシーンをやらせてもらっている感じで、完璧に趣味が入ってましたね(笑)。もちろん、脚本はお任せしましたよ。でも、このシーンは、原作の中のこのカットと同じように撮りたいっていう感じで、すごくいろんな提案をさせてもらって。監督もそれに対して「ああ、いいね!」って言ってくれたんです。真剣に撮りつつ遊び心も発揮できたので、本当に楽しかったですね。

――スタッフも気心の知れた人たちですしね。
石原 そうなんです。全部で3話あって、そのなかで私がメインで出ているのは1話なんですが、監督が本編でチーフ助監督をやっていた足立さんだったんですね。それだけに、お互いのことをわかった上でいろいろできたから、それも楽しかった一因だと思います。

――平岡祐太さんはdTV版に登場する新キャラクターということですが、他の出演者は本編と同じ。そういう部分でも、もうみなさんの息はピッタリですよね。
石原 はい。だから、変な緊張感は全くなかったです。それに平岡さんは『ディア・シスター』(フジテレビ系)でも共演しているし、別の作品を含めて、よく共演していて。プライベートではお会いしないのに、現場では、あ、また一緒だね、みたいな(笑)。そういう意味ではよく知っている方ですし、すごくやりやすかったです。

――でも、ハンジはすごい勢いでセリフを言うから、そこは大変じゃなかったですか?
石原 そうですね。ネイリストの友だちにネイルをやってもらいながらも、ずっとぶつぶつセリフを言っていたんですよ(笑)。だから、その友だちに作品が完成したよって言ったら、あのぶつぶつがどんなふうになってるんだろう? って、すごく期待していましたね(笑)。

ただただ怖くて、毎日プレッシャーに押しつぶされそうだった

――石原さんとしては、ハンジを演じる際、どんなことを心がけていたんですか?
石原 原作ファンが私の周りにもいっぱいいて。だから、原作を参考にしました。原作だけではなく、アニメも観て、声も聞いて。撮影中には、アニメ版でハンジの声を担当していた声優の朴路美さんに電話して、「今から、こういうシーンで叫ばなきゃいけないんですけど、バリエーションないですかね?」って相談したんですよ。そうしたら、舞台の稽古中だったにもかかわらず、電話の向こうで、「こんな感じはどう?」って叫んでくれて(笑)。本当に今回のdtv版では朴路美さんに助けられました。留守電にも声を吹き込んでおいてくれたので、本番直前も朴路美さんの声を聴いてから臨んだんです。本当にありがたかったですね。

――石原さん自身、それくらい『進撃の巨人』の実写版に出演することに責任を感じていたんですね。
石原 はい、プレッシャーでした。本編のときは、本当に毎日プレッシャーに押しつぶされそうでしたから(苦笑)。あのシーン、明日だ……って思うと、そのたびにどうしようって。クランクインが軍艦島だったんですが、そこに向かう船の中なんて、超どんより(笑)。船酔いなのかプレッシャーなのかわからないくらい気持ち悪かったです(笑)。

――でも、これだけの大作に出演する機会はめったにないですよね?
石原 はい、今は出演させて頂いたことをすごく光栄に思いますね。でも、撮影中はそれどころじゃなかった。光栄っていうより、ただただ怖くて。今は、こんなにみんなのリアクションが大きいんだって思えるので、参加できて嬉しいですってのほほんとしたコメントが言えますが(笑)、撮影中は毎日が戦いでした。

――そうでしょうね。でも、完全にハンジを作り上げていたと思いますよ。
石原 頑張りました(笑)。もちろん、どの作品も全力で取り組んでいるんです。でも、『進撃の巨人』の場合は参考になるものがいっぱいあるから、余計に大変っていうか。私、本編の撮影中は、待ち時間も携帯でハンジのことを調べまくっていましたから。やっぱりファンはファンなりの捉え方があるので、それを知りたかったんです。ファンが多い作品だけに、その期待を裏切れないっていうプレッシャーが一番大きかったんですけど、だからこそファン心理の情報も手に入れやすかった。ひとつのシーンを演じるときのヒントがいっぱい示されていましたからね。だから、そのなかから、どれを選んで私なりのハンジにしようかなっていう作業も面白かった。プレッシャーであったのと同時にヒントも多かったので、そこにすごく助けられました。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!