• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 役所広司、米国に勝った“なでしこJAPAN”に感動 「日本の女性は強い」

役所広司、米国に勝った“なでしこJAPAN”に感動 「日本の女性は強い」

 俳優の役所広司が主演を務める映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』(成島出監督、12月23日公開)のクランクアップ会見が18日、都内のホテルで行われた。同作は、70年前に太平洋戦争開戦のきっかけとなった米ハワイ島の真珠湾攻撃を立案・指揮した人物として日本史に名を残す海軍軍人・山本五十六の半生を描いたもの。日本時間同日早朝に行われていたサッカー女子ワールドカップドイツ大会決勝を「一睡もしないで見ていた」という役所は、米国をPKの末に破り、優勝した“なでしこJAPAN”を「感動しました。誰一人気弱になることなく戦い続けて。日本の女性は強いなとつくづく思いました。おめでとうございます」と祝福した。

 会見には、出演の役所、玉木宏柄本明柳葉敏郎吉田栄作椎名桔平中村育二五十嵐隼士伊武雅刀原田美枝子瀬戸朝香、田中麗奈、宮本信子、香川照之と成島監督の総勢14人が出席した。

 真実を伝える使命感に燃える若き新聞記者役の玉木は、司令長官・山本五十六と“なでしこJAPAN”の澤穂希キャプテンを重ねあわせ、「彼女のようなリーダーがいてこそ、発揮できた力があったのでは? 日本に活気を与えてくれた」と称賛した。

 サッカー好きで知られる椎名も「前半は米国のパワー、スピード、そしてパスワークでもかなわないと思って見ていたが、あきらめない気持ちで戦い抜き、勝利を手にした彼女たちに勇気づけられた。ありがとうといいたい」。柳葉も「日本がひとつになった瞬間。揺らいでいる日本の中で、サッカーというスポーツ通して、改めて団結力を教えていただいた大会だった」とコメントした。

 映画は、日米協調を訴えながらも、戦争を回避できず作戦立案の役割を担うことになった山本五十六に関する史実をもとに、困難な時代における理想的なリーダー像を描き出す。役所は「戦争映画はこれまでにもたくさん作られているが、繰り返し作ることが大事。どうして戦争が起きてしまったのか、とあの時の戦争のことを考えるきっかけになれば映画として成功だと思う」と同作の意義を訴えた。

 出演者の中でも「若い世代を代表して」という強い思いを抱く五十嵐は、「戦争の知識がなく、とても勉強になった。ゼロ戦のパイロットはみな若い子たちで、彼らの死と隣り合わせにいる感覚を芝居で表現するのは大変だった」と撮影を振り返っていた。

⇒2011年の注目映画★予告編動画はコチラ!

◆関連ニュース一覧 最新映画ニュース映画インタビュー


関連写真

  • 役所広司(C)ORICON DD inc. 
  • 前列左から成島出監督、香川照之、宮本信子、玉木宏、役所広司、柄本明、柳葉敏郎、伊武雅刀。2列目左から田中麗奈、原田美枝子、吉田栄作、椎名桔平。3列目左から中村育二、瀬戸朝香、五十嵐隼士(C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス