アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 桐谷健太、“デキる男”役で上戸彩と初コンビ結成!

桐谷健太、“デキる男”役で上戸彩と初コンビ結成!

 俳優の桐谷健太が、7月スタートの上戸彩主演の連続ドラマ『絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜』(毎週火曜 後9:00 フジテレビ系)に出演することが14日、わかった。桐谷が演じるのは主人公・桜木泉(上戸)らと同じ特殊犯罪捜査対策室特殊犯罪捜査班所属の巡査・瀧河信次郎。これまでドラマやCMでコミカルな役柄を演じることの多かった桐谷だが、今作ではクールで自信家な“デキる男”に挑戦。上戸との初共演にも「いろいろ昔から上戸さんの作品を見ていたので初めてお会いした感じがしなかった」と新たな名コンビの誕生を予感させている。

 前作の世界観を残しつつ新たな風を吹かせる重要なキャラクターとして誕生した桐谷演じる瀧河信次郎。高い知能と抜群の記憶力に確かな経験を兼ね備えた特殊班の若き精鋭として描かれる。そんな自信家の瀧河について桐谷は「昔はキャラの濃い役やハイテンションの役が多かったのですが、今回のような役柄のお話もいただけるようになったんだなという喜びがあります」と新境地に意欲を見せ、さらに「“瀧河信次郎”という役を全うさせたいと思っています!」と力強く意気込む。

 常に冷静沈着で凄腕の刑事ながら、どこか人間臭さも持ち合わせた瀧河役のキャスティングに、同ドラマの編成企画を担当する成河広明氏は「映画やドラマで見せる桐谷さんの奥の深い演技力と存在感が、新しい『絶対零度』に圧倒的なパワーをもたらしてくれると信じています」と大きな期待を寄せる。また主演の上戸も、桐谷とは初共演ながら「桐谷さんはユニークでノリがとても良い方なので、初対面とは思えないくらいイジっちゃいました」と、異色のコンビ結成に喜びをあらわにしている。

 2010年4月期に放送された『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』の続編となる同作。前作は警視庁内に新設された未解決事件の真相を追究していく「特命捜査対策室」を舞台にした社会派エンタテインメントとして描かれ、上戸が刑事役に初挑戦した作品としても話題を集めた。連ドラのスタート前に放送される2時間SPドラマ『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜Special』では、前作の後に一度バラバラになった特命メンバーが、ある事件をきっかけに再び集結する。

 SPドラマから1ヶ月後の設定で始まる今作は、舞台を「特命捜査対策室」から「特殊犯罪特命対策室」に移し、“過去の未解決事件”から“現在起こっている事件”を捜査する特殊犯罪捜査班として、さまざまな事件解決に挑む。



オリコントピックス