• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • R-1王者・佐久間一行、“副賞”初冠番組放送決定! 今後R-1は“引退”

R-1王者・佐久間一行、“副賞”初冠番組放送決定! 今後R-1は“引退”

 今年2月に開催された“ピン芸人No.1”を決める笑いの祭典『R-1ぐらんぷり2011』王者の佐久間一行がこのほど、大阪市内で優勝の“副賞”として約束されていた初冠番組『ほんわか王子・佐久間一行のR-1ぐらんぷりで優勝したら番組が出来るシステム』(関西テレビローカル)の制作発表会見に出席した。優勝後はメディア露出が増えるなど“R-1恩恵”にあずかっている佐久間だが、今後のR-1については「もう出ないんですよ。自分的にはあれはあそこで完結していて。ここからはロケなどネタ以外の部分をもっと頑張れたら」と“R-1引退宣言”も飛び出した。

 「自分は仕切ったり、司会とかをやるタイプではない。冠番組ということに関するこだわりは、ピン芸人って実はそこまでではなくて」という謙虚な佐久間にとって、初冠番組は「夢のさらに夢みたいな、嬉しいのを飛び越えちゃってる。まさに重大なことやっているんだなって感じです」と大喜び。「正直、3時間特番くらいの量。番組として、自分の“ここまで”と“これから”が入ったような感じですかね」とアピールした。

 冠番組とは別の副賞・賞金500万円はまだ手元にないといい、「今月末に多分ですけど、入ってくるかな……。通常の給料にさらに入ってくるということらしいので凄い怖いですよね」とオドオド。茨城出身の佐久間の実家も東日本大震災の被害に遭っており、「屋根裏とか瓦も取れちゃって、瓦も全部ボロボロになってしまったので、賞金は家の修復とかに使えたらなと思ってます。あとはザリガニのパワーアップ!」と親思いの一面ものぞかせた。

 決勝戦で披露した井戸ネタはいまだ根強い人気を誇る。「営業先に行くとみんな小さい子どもが小さい井戸を作ってきてくれて、(ネタを喜んで)やってくれるんですよ。でも井戸って結構大きくて持ち運びが大変なので、なかなか営業先ではできなくて。それがちょっとつらいですね」と人気者ゆえの悩みも。「でも今、実は持ち運びの井戸を作ってるんです。組み立て式井戸でコンパクトで、現地で組み立てる。今後はいろいろなところでできるんじゃないかなと思っています」と笑った。

 1時間の番組では「R-1」で摩訶不思議な“さっくんワールド”に引き込んだ井戸コントにちなみ、誰も気付いていないようなさまざまな大阪の“システム”を発見。たむらけんじ案内のもと、大阪の大御所芸人の末成由美、今いくよ・くるよを訪問したり、月亭八光案内のもと大阪あのオモシロ素人を訪ねる爆笑ロケを展開。そのほか、関西の名物番組『怪傑えみちゃんねる』出演の様子や、佐久間の新作ネタなどを披露する。

 念願の初冠番組『ほんわか王子・佐久間一行のR-1ぐらんぷりで優勝したら番組が出来るシステム』は関西テレビローカルで6月5日(日)深夜24時50分より放送。

オリコントピックス

 を検索